海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech プロジェクト推進を効率化! クラウドワークスペース「Strap」β版、利用登録開始

Tech

プロジェクト推進を効率化! クラウドワークスペース「Strap」β版、利用登録開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「デザインの力を証明する」というミッションを掲げるUIデザインカンパニーの株式会社グッドパッチは、リアルタイムで共同編集できるクラウドワークスペース「Strap」β版の利用登録を開始した。

なお、株式会社アドウェイズ、エムスリー株式会社、HiCustomer株式会社などがトライアルパートナーとしてすでに同サービスを利用しており、このたび利用登録した企業には順次トライアルとして無料提供するという。

リアルタイムで共同編集

同サービスを利用することで、リアルタイムで図解やテキスト情報の共同編集ができ、リモートワークが推奨される状況下でも作業・コミュニケーションの効率化を図れるようになる。プロジェクトを推進するチーム全員がオンライン上で集まり、人のカーソルの動きなどから思考過程を確認したり、アイデアを共有したりといったことができるのだ。

また、リモート会議ツールと併用することでオンラインホワイトボードとして付箋を貼ったり、図を描いたりという活用方法もあるという。

このたび、2020年4月23日よりβ版利用登録を開始し、登録企業に順次トライアルとして無料提供される。なお、正式版のリリースは2020年夏頃の予定。

機能充実!新機能追加予定も

同サービスでは、情報・画像の一元管理、カスタマージャーニーマップやプレゼンテーション資料、ロードマップ、頭を整理するのに役立つ5W1Hマップ、相談や確認事項などを付箋で貼るチームの掲示板などの作成がテンプレートで簡単にできる。

また、作業・コミュニケーションの効率化を促進し、迅速なプロジェクト前進をサポートするべく、さらなる機能追加を予定。

そのひとつは「コメント機能」で、共有した作成資料についてチームメンバーからフィードバックをもらうというものだ。その際、誰がどこにフィードバックしたかがわかる仕組みとなっており、経緯まで含め全員が共通認識を持つことが可能となる。

そのほか、「かんばんを使ったタスク管理」や「マインドマップを使った思考の整理」などが追加予定の機能だ。

​事業責任者である北村氏は、プロジェクトの迅速な前進を妨げるものは「認識のズレ」であり、そのズレをなくすために同サービスを開発したという。また、同サービス上で人に伝わりやすい資料が簡単に作れることやメンバーからの意見がすぐにもらえることで、リモートワーク環境においても価値を発揮するサービスであるとコメントした。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報