海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech クックパッド、オンラインマルシェ開催! 生鮮食品の宅配サービスも開始

Tech

クックパッド、オンラインマルシェ開催! 生鮮食品の宅配サービスも開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年4月16日、すでに発令されていた緊急事態宣言が当初の7都府県から全国へと対象を広げた。これまでも同ウイルスの影響で多くの食イベントが中止・延期されてきたが、今後もこの状況は中長期的に続きそうな雰囲気だ。

そこでクックパッド株式会社は、一時的な生産者支援にとどまらず、継続的に「生産者」と「消費者」がつながる場が必要であると考え、新型コロナウイルス感染拡大に伴い中止や延期になった食のイベントを、生鮮食品EC「クックパッドマート」アプリ内でオンライン開催する。

同時に、「クックパッドマート」で購入した生鮮食品を自宅まで配送する宅配サービスの提供を一部地域で正式に開始した。

幅広いジャンルで豊富なラインナップ!

オンラインマルシェのテーマはズバリ「#おうちで楽しもう」。同社は、このオンラインイベントが「生産者」と「消費者」が継続的につながる場となるよう、毎週末(金曜0時~日曜24時)開催することを決定した。

「クックパッドマート」の特設ページにて開催され、第1回は4月17日0時~4月19日24時。「つくり手から届く『#とれたて野菜』マルシェ」という特集で、届ける当日に収穫する鮮度抜群な朝採れ野菜や、スーパーではあまり売られていないこだわりの野菜・果実が50品以上販売されている。

少し覗いてみると、甘みの強い黄人参(1本120円)やお得な春のサラダセット(300円)、今が旬のたけのこ(980円)、珍しいバターナッツスカッシュ(751円)など豊富なラインナップであった。

商品購入にあたり、まずは受け取り場所を設定する(地域によって商品が変わるため)。あとは商品を選び、注文、配達を待つだけという手軽さだ。

今後も青果・鮮魚・精肉・加工品・惣菜など幅広いジャンルの特集や、マルシェ・商店街・朝市などのイベントごとの特集を実施予定。ちなみに、第2回(4月24日~26日)は商店街の老舗店舗や専門店が集結する「地域の名店」特集、第3回(5月1日~3日)は卸売市場の鮮魚仲卸たちの「魚河岸」特集を開催予定だ。

ピックアップor宅配

マルシェ開催に合わせて東京都と神奈川県の一部地域で自宅への宅配サービスも開始。「クックパッドマート」はこれまで、1点から送料無料で購入でき、ユーザーの指定した生鮮宅配ボックス「マートステーション」へ配送された商品を好きな時間にピックアップするという仕組みであった。

これからも従来どおり「マートステーション」を利用した商品ピックアップは可能だが、外出を控えたい人や持ち運びが大変な人は別途送料500円で自宅まで配送してもらえる。

「マートステーション」まではクックパッドマート配送員が配送し、そこから自宅までのラストワンマイルは配送クラウドソーシングアプリ「DIAq(ダイヤク)」と連携し、時間と場所の合う人が届けるという。今後ラストワンマイルの連携事業者の拡大も予定している。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報