海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech コミュニティアプリ、地域住民で支え合うさまざまな機能を追加!

Tech

コミュニティアプリ、地域住民で支え合うさまざまな機能を追加!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
地域住民同士が情報を発信・共有できるコミュニティアプリにおいて、猛威を振るう新型コロナウイルスに立ち向かう人を支援する新機能が追加されている。

「マチマチ」の場合

株式会社マチマチが運営する日本最大のご近所SNS「マチマチ」では、2020年4月16日にテイクアウトやデリバリーに対応している飲食店の情報を住民同士で共有する機能を全国でリリース。

同ウイルスの影響で経営悪化に直面している飲食店のなかには、その打開策としてテイクアウトやデリバリーを開始する店舗が数多くある。しかし、サービス開始の認知が広がらず集客に悩む店舗もあるという。また、住民においては外出自粛要請に伴う休校やリモートワークにより、食事の準備などが負担となっているケースもあるようだ。

同社は、こうした住民を支援すべく同機能を追加。アプリの「お店・施設」内に「テイクアウト・持ち帰り」「デリバリー・出前・宅配」のカテゴリを設け、店舗の位置・営業時間などの基本情報と写真、評価、クチコミなどを一覧で確認できるようになった。

なお、新たにテイクアウトやデリバリーを開始した店舗の登録は、同アプリにログインした状態で誰でもできるとのこと。

その他、相互扶助を促す機能

「マチマチ」のほか、2020年3月期のブランドイメージ調査で「活発」「信頼」など複数のNo1タイトルを獲得した「ピアッザ」は、2020年4月3日より地域の助け合い支援機能「災害時の地域助け合いグループ」を追加。これは、地域内で支援を必要とする人と有志で手助けしたいという人をより確実につなげるシステムだ。

同時に「ピアッザ」では、同ウイルスに関するさまざまな情報錯綜を防ぐため、これまで発信してきた自治体からの情報に加え、厚生労働省が公表した情報を随時配信することを決定した。

また、用事を依頼したい人と空き時間で仕事をしたい人をつなげる、株式会社エニタイムズ運営のスキルシェアアプリ「ANYTIMES 」は、2020年5月6日までシステム手数料の無料化を実施中。併せて、報酬0円で手助けしようという「ボランティアサポーター」を紹介する特設ページを開設し、地域住民が助け合える相互扶助の輪の促進を目指している。

PR TIMES(マチマチ)
PR TIMES(ピアッザ)
PR TIMES(ANYTIMES)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報