海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 新型コロナの濃厚接触を教えてくれる! コード・フォー・ジャパンが追跡アプリ開発へ

Tech

新型コロナの濃厚接触を教えてくれる! コード・フォー・ジャパンが追跡アプリ開発へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスの感染者数拡大を防ぐための戦略として多くの国/地域で、検査と追跡、隔離が実施されている。

日本ではこれまでクラスター対策が中心だったが、一人ひとりへの聞き取り調査では間に合わないフェーズの地域も出てきたことから、追跡アプリの開発が求められていた。

こうしたなか、新型コロナウイルス感染症対策サイトの開発でも知られるコード・フォー・ジャパンがコンタクト・トレーシング・アプリの開発意向を明らかにした。

・匿名性を維持しつつ濃厚接触履歴を保存

アプリでは、濃厚接触した相手に陽性判定が出た際、適切な行動を促すよう通知してくれる。シンガポールのGovTech Teamで開発されたものをもとに開発され、AppleとGoogleが打ち出した規格にも対応予定とのこと。

プライバシーを配慮した追跡技術はMITでも開発されていて、AppleとGoogleによる規格のもとになっている。濃厚接触の判定のために、GPSではなくBluetoothを活用。時間とともにランダムに変化するIDがブロードキャストされ、タイムスタンプとともに近接のスマホに保存される。

誰かが新型コロナ陽性判定を受けると(AppleとGoogleの仕様では本人の許可を得て)、情報の登録が行われてIDをスキャン。過去14日間の濃厚接触ユーザーに通知が送信される仕組みだ。

・アプリのリリースは5月上旬の予定

濃厚接触者の追跡をアプリにまかせることで、人の記憶や正直さに頼ることなく全員に通知が届く。無意識に濃厚接触していた際にもそれがわかり、自己隔離が必要な人の取りこぼしがなくなる。

濃厚接触したタイミングや相手はわからず、情報登録ができるのは行政職員に限定されるので、陽性が判明したユーザーのプライバシーも守られる。

コード・フォー・ジャパンがコンタクト・トレーシングアプリの提供は5月上旬を予定しているとのことで、ユーザーの行動変容を促す決め手となりそうだ。なお、AppleとGoogleによる追跡機能は、政府機関や保険機関などにAPIで提供され、今後はOSに組み込まれる計画となっている。

参照元:コンタクト・トレーシング・アプリの開発に関して/PR Times
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報