海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 思い立ったらタイマーをスタート! ユニークでスタイリッシュな「Ticktime」

Start Up

思い立ったらタイマーをスタート! ユニークでスタイリッシュな「Ticktime」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
作業の効率化において、タイマーで時間を区切ることは有効な手段だ。ただし、時間をセットしてスタートボタンを押すという一連の作業に、煩わしさを感じている人も多いのではないだろうか。

今回紹介する「Ticktime」は、そのような悩みを鮮やかに解決してくれそうなタイマーとなっている。

ユニークなギミック

「Ticktime」は、六角柱の形状をした本体を倒して置くことによって、自動的にカウントダウンタイマーがスタートする仕組み。

最短3分~最長30分からなる6パターンのタイマーを、プリセットとして側面に割り当てた。その中には、25分の集中サイクルを繰り返す「ポモドーロテクニック」に使えるパターンも含まれる。

もちろん、ユーザー自身の好みに合わせてタイマーを設定することも可能で、1秒単位のマニュアル設定に対応している。

アラーム音はボリューム調整ができる。また、ライトで通知を行うサイレントモードを搭載しているため、図書館やオフィスなどの静かな場所でも使える点は嬉しい。

また、「Ticktime」が優れているのは、ストップウォッチ機能も備えている点だ。六角形の面を上にする形で置けば、自動的にカウントアップがスタート。99分59秒までの時間計測が可能となる。

コンパクトさも魅力

スタイリッシュなデザインに加えて、携帯性がセールスポイント。4.5×4.2×4.8cmのサイズに重量58gというコンパクトさで、ポケットに入れて持ち運ぶことも苦にならないだろう。

リチウムバッテリーを内蔵しており、充電はMicro USB経由で行う。約3時間の充電により、10時間前後の使用が可能になる。

5月上旬まで、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて出資を受け付ける。目標額は既に達成しており、5月中の発送を予定。定価は日本円にして6,000円程度で、早期の申し込みだと4,000円程度となっている。

Ticktime / Indiegogo

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報