海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ヤフー、テイクアウト・デリバリー対応の掲載店舗数拡大! サービス機能も拡充

Tech

ヤフー、テイクアウト・デリバリー対応の掲載店舗数拡大! サービス機能も拡充

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響により、外食する機会が減っている。そんな中ヤフー株式会社は「Yahoo! MAP」にて、安全かつ手軽にお店の味を楽しめるテイクアウトやデリバリーに対応している店舗の掲載数の拡大と、機能の拡充を行った。

また、落ち込む経営状況の打開策として新たにテイクアウトやデリバリーサービスを開始した飲食店は、「Yahoo!プレイス」を利用することで情報を無料掲載できる。

「Yahoo! MAP」から2タップで検索

同社は、同ウイルスの感染予防のためのデリバリー活用や短時間の外出で、外食を楽しめる機会を提供すべく、このたびの施策を実施。

「Yahoo! MAP」(iOS版、Android版)において、テイクアウト・デリバリー対応の店舗を簡単に検索できる機能を新たに追加し、その掲載店舗数は全国35,000店舗以上に拡大する。

これらの店舗を検索するには、「Yahoo! MAP」の右下にある「もっと見る」から「周辺施設を探す」を開き、「テイクアウト」もしくは「デリバリー」ボタンをタップするだけで、現在地から近い店舗がマップ上に表示され、併せて詳細情報(電話番号、営業時間など)も閲覧可能だ。ただし、営業時間については変更の可能性もあるとのこと。

なお、テイクアウトやデリバリー対応店舗の検索は「Yahoo!検索」や「Yahoo!ロコ」でもできる。その際は「地名+テイクアウト」「地名+デリバリー」というふうに検索すると、その地域の該当店舗が表示されるようだ。

新規参入店舗の集客にも

一方、店舗側も同ウイルスの影響を強く受けている。株式会社シンクロ・フード運営の飲食店に特化したリサーチサービス「飲食店リサーチ」による、飲食店.COM会員(飲食店経営者・運営者)を対象とした「2020年3月の経営状況」に関するアンケート調査(実施期間:2020年4月2日~ 2020年4月15日)では、「前年同月より下がった」という回答が86.1%となっている。

さらに、2020年4月3日~2020年4月6日に「テイクアウト・デリバリーの対応状況」に関するアンケート調査も実施しており、テイクアウト販売をしている店舗が懸念することとして「集客」という回答があったり、任意の回答には「(集客施策の)効果は脆弱」というものがあったりと、集客に関しての回答が見られた。

となれば、同社が無料提供する、店舗情報の管理・編集、クチコミ返信、アクセス分析などができる店舗向けサービス「Yahoo!プレイス」を活用し、「Yahoo! MAP」や地域情報サービス「Yahoo!ロコ」に店舗情報を掲載できることは、集客の一助となり得るのではないだろうか。

ヤフー株式会社
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報