海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise AppleとGoogleが新型コロナ対策でタッグ!濃厚接触を知らせる技術の開発へ

Enterprise

AppleとGoogleが新型コロナ対策でタッグ!濃厚接触を知らせる技術の開発へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
AppleとGoogleが、新型コロナウイルスの拡大防止に向け、両社の協力体制を明らかにした。Bluetoothの利用により、感染者との濃厚接触の可能性を検出してユーザーに知らせる技術の開発に取り組む。

段階的なプロジェクト進行

今回のプロジェクトは、大きく2つのステップに分けて段階的に進められる予定。主目的は、ウイルス感染者との濃厚接触があった場合にユーザーへ通知するシステムの構築だ。

まず、公衆衛生当局によって提供されるアプリを利用するAndroid・iOS端末において、システムの相互運用が可能なAPIを5月にリリース。これらの公式アプリは、それぞれのアプリストアからユーザーがダウンロードできるようになる。

次に、今後数カ月にわたってAndroidとiOS自体にシステムを組み込むことで、より広範に濃厚接触の可能性を検出するプラットフォームの実現を目指す。前述のAPIよりも堅牢なソリューションとして、さらに多くの人が参加できるようになるという。

一連のシステムに関しては、ユーザーの承認を必要とする「オプトイン形式」の採用を原則としており、ユーザーのプライバシーは強力に保護されるとのこと。

また、第三者による分析を可能にするために、このプロジェクトに関する情報は公開することが前提となっている。

トップカンパニーの技術力に期待

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけるための手段として、公衆衛生機関は「濃厚接触の検出・追跡」が効果的であると提唱している。

今回は、そのような取り組みを加速させるべく、IT界の巨大企業同士がタッグを組んだ形だ。AndroidとiOSというライバル関係を越え、両社の力を最大限に活用した技術開発に期待がかかる。

Apple / Google

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報