海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 大阪大学が新型コロナウイルス対策「フェイスシールド」の3Dデータを公開

Tech

大阪大学が新型コロナウイルス対策「フェイスシールド」の3Dデータを公開

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪大学は、メガネフレームの「シャルマン」と連携し、世界中で欠乏が予想されているコロナウイルス対策品「フェイスシールド」を産学連携で緊急開発。データを即時、無料で公開した。

・Webからデータを入手可能

大阪大学院医学系研究科の中島清一特任教授、室崎修招へい教員らは、共同研究先のひとつでメガネフレームの世界的メーカーである「シャルマン」と連携し、世界ではじめて、クリアファイルをシールドに使う非常に安価なフェイスシールドの開発に成功。

さらに、フレーム部分の3Dデータを無料で公開した。これにより、世界中のどこでも簡単にフェイスシールドを製作が可能になった。また、クリアファイルを装着してシールドを完成させる手順もあわせてビデオで公開している。

・どこにでもあるものを利用、ユニークなアイデア

シールド部分を「どこにでもあるクリアファイルを流用する」というユニークな発想で対応している点が、同フェイスシールドの大きな特徴。

3Dプリンタの低価格化は著しく、家庭でも簡単に製作する点も大きなメリット。これにより、感染が深刻なヨーロッパや、今後急速な感染の拡大が懸念されるアフリカ諸国の医療現場において、物資が欠乏した時におおいに役立つ可能性がある。

フェイスシールドの着想から完成までにかかった期間は、たったの3日。同研究チームの中島清一特任教授は、「柔軟な発想力と、大学で整備してきたバーチャル・エンジニアリングの手法がうまく結合し結果に繋がったと」と語っている。

大阪大学
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報