海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up これがスピーカー?近未来デザインの「Gravastar」が装いを新たにして登場!

Start Up

これがスピーカー?近未来デザインの「Gravastar」が装いを新たにして登場!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
その正体がひと目ではわからないような、超個性的なワイヤレススピーカーが日本に上陸する。その名も「Gravastar(グラバスター)」。近未来的なデザインが特徴の一台で、クラウドファンディングサイト「Kibidango」で出資を受付中だ。

他に類を見ないデザイン

ワイヤレススピーカー「Gravastar」は、過去にも同名モデルが海外クラウドファンディングサイトで取り扱われており、今回は装いを新たに登場した形となる。

特徴は、やはりその外観だろう。まるでロボットのようなデザインで、今にも動き出しそうだ。素材には通常のメタルではなく、高品質の亜鉛合金を採用。耐久性に優れ、屋内外問わず使用可能とのこと。

本体の重量は1.6kgとヘビー級で、重厚感のある低音を安定して響かせることができる。

カラーリングは4種類。通常カラー(パールホワイト ・メタルグレー)に加え、今作からウェザリング加工バージョン(イエロー・レッド)も仲間入り。ひとつひとつ手作業で外部塗装が施されたとあって、リアルな質感が印象的だ。

スピーカーとしての性能も優秀

丸いボディはデザインとして優れているだけでなく、音響でも効果を発揮。

一般的な箱型のオーディオと比べて、より均一に音を反響させる。出力は20Wで、パワフルなサウンドを実現した。

最新バージョンのBluetooth 5.0への対応に加え、同時に複数台のワイヤレス接続が可能なTWS(True Wireless Stereo)機能も搭載。

バッテリーは大容量で、最大20時間の使用が可能。 充電端子はUSB Type-Cで、高速充電にも対応している点が嬉しい。

現在は、クラウドファンディングサイト「Kibidango」で6月4日まで出資を受け付けている。既に目標額は達成し、日本への上陸も決定。販売価格は2万円前後からとなっており、数量限定の早期割引なども用意されている。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報