海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ヤマハ、オンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM」正式公開へ向けβ版公開中

Tech

ヤマハ、オンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM」正式公開へ向けβ版公開中

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤマハ株式会社は、離れた場所でも複数人で合奏ができるオンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM(シンクルーム)」を2020年6月頃に正式公開予定だ。これに先立ち、同サービスのβ版となる「NETDUETTO β2」を無償公開している。

「NETDUETTO β2」は、2019年12月実施の、同社とソニーネットワークコミュニケーションズの試験的な体験イベントに活用された。品川シーサイドと浜松市の小学生をつなぎ、オンラインバンドセッションを成功させている。

6月頃、リニューアルして正式公開へ

「SYNCROOM」は、インターネット回線を介したオーディオデータの双方向送受信の遅延を最小限に留める同社独自の技術により、離れた場所でもほとんど違和感なくオンラインセッションが楽しめるというサービスだ。

現在、「NETDUETTO β」および「NETDUETTO β2」が同サービスのβ版として公開中であり、「NETDUETTO β2」が2020年6月頃にヤマハの公式サービス「SYNCROOM」としてリニューアルされるという。その際、メトロノーム機能と録音機能が新たに追加される予定だ。なお、正式公開後の同サービスはアカウント登録制(無料)となる。

ただし、「SYNCROOM」公開後は「NETDUETTO」シリーズとの通信はできないため、「NETDUETTO」をインストールしている人でも改めて「SYNCROOM」をインストールする必要があるとのこと。

いつでも誰とでもオンラインセッション

「NETDUETTO β2 」でオンラインセッションするには、「ルーム」と呼ばれる仮想の部屋に入る必要がある。ルームは最大5人まで入室でき、「ルーム連結」機能を使えば最大10人でのセッションが可能だ。

ルームは自分で作ることも、他ユーザーのルームに参加することもできる。自分で作る場合は「ニックネーム」「ルーム名」を入力し、「公開設定」と「パスワード」(任意)を設定するのみ。セッションしたい相手に「ルーム名」や「パスワード」などを教え、入室を待つだけだ。なお、知人のみで楽しみたいときは「公開設定」を非公開にするといいという。

知らないユーザーとのセッションを楽しみたい人は、「ルーム一覧」から「ルーム名」「現在の入室人数」「ルームの説明(任意)」などの表示を確認し、気になるユーザーのルームへ入ることもできる。

同社は、新型コロナウイルスの影響で活動が制限されるなか、同サービスが自宅などから安心して合奏を楽しむ一助となり、日常を少しでも明るいものに変えるきっかけとなることを願っているようだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報