海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 楽天モバイルが「Rakuten UN-LIMIT」をバージョンアップ! サービス提供もスタート

Enterprise

楽天モバイルが「Rakuten UN-LIMIT」をバージョンアップ! サービス提供もスタート

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天モバイルが、同社の携帯キャリアサービス「Rakuten UN-LIMIT」のバージョンアップを発表。パートナー回線接続時のデータ容量上限・通信速度制限を緩和し、ユーザーにとっての利便性が増す。なお、同サービスの提供は本日からスタートしている。

バージョンアップの詳細

今回、月額2,980円の無制限プラン「Rakuten UN-LIMIT」が2.0にバージョンアップ。これにより、自社回線以外のパートナー回線エリアにおける「データ容量上限(1カ月で2GB)・データ容量消費後の通信速度制限(最大128kbps)」を、それぞれ「データ容量上限(1カ月で5GB)・通信速度制限(最大1Mbps)」へとアップグレードする。

昨今の新型コロナウイルス流行によって、在宅ワークやオンライン教育実施の機運が高まっており、それに伴う通信需要の増加へ対応する狙いもあるようだ。

「Rakuten UN-LIMIT」のサービス提供は既に始まっている。アップグレードされた「データ容量消費後の通信速度制限(最大1Mbps)」は本日から、「データ容量上限(1カ月で5GB)」は4月22日から順次適用されるとのこと。対象は、同サービスを契約する全てのユーザーとなっている。

今後の勢いに要注目

ついに本格的なサービス提供がスタートした「Rakuten UN-LIMIT」は、楽天回線エリア内のデータ通信と、アプリ「Rakuten Link」を利用した国内通話を、原則として無制限で利用できる点が魅力だ。

月々の料金が2,980円とリーズナブルであることもセールスポイントで、「第4のキャリア」としての勢いに注目が集まっている。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報