海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 「clusterスターターパッケージ」でバーチャル空間のイベントを即日開催!

Tech

「clusterスターターパッケージ」でバーチャル空間のイベントを即日開催!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を運営するクラスター株式会社は、企業がバーチャル空間でのイベントやカンファレンスを即日実施できる「clusterスターターパッケージ」の販売を開始。

VRイベント、即日開催!

これまで「cluster」では、一般ユーザーは誰でも無料でイベントの開催が可能であったが、企業においては会場や演出の制作期間が長期にわたる受託制作のみを提供してきた。

しかし、昨今の新型コロナウイルス感染拡大により、リアルイベントの開催が困難であったり、リモートワークが推奨されたりという流れを受け、2020年4月7日より「clusterスターターパッケージ」の販売を開始。

同パッケージは、イベント開催に必要な会場、演出、スクリーン、音響などを企業が選択し、同社がそれらの設定を行うことで企業は依頼したその日にイベントやカンファレンスを開催できるというものだ。これにより企業はバーチャル空間でのイベント実施へ向けた調整や打ち合わせなどのコミュニケーションコストを最小化し、即日実施できるようになる。

さまざまなVR空間

2015年設立の同社は、「創造力を加速する」というミッションのもと「cluster」を運営中。人がバーチャルキャラクターになりどの場所からでもイベントに参加できるプラットフォーム「cluster」は、これまで数多くのバーチャルイベントに活用されてきた。

例えば2018年に世界初となるVR音楽ライブ「輝夜月 LIVE@Zepp VR」を開催し、新たなエンターテイメント体験を世界に発信した。また、新型コロナウイルスに関する報道が活発化した2020年2月には、KDDI株式会社が毎年開催しているスタートアップと大企業の事業共創イベント「MUGENLABO DAY」のリアルイベント中止が決定。3月にバーチャルイベントでの開催が決定し「cluster」が活用されている。

さらに、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」をバーチャル空間で体験できる施設「V-RAGE(ブイレイジ)」β版をオープン。ここでは、同ウイルスの影響で無観客試合となった「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」と連動したVRイベントを開催した。

現在「cluster」では、桜の舞う空間や未知の宇宙・海底、懐かしの教室、バーチャルオフィスなどさまざまなVR空間が広がっている。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報