海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech コロナの感染リスクを可視化する映像検知システム開発

Tech

コロナの感染リスクを可視化する映像検知システム開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社VAAKは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、発熱や咳などの症状、濃厚接触など状態、不特定多数が利用する設備の消毒有無などを検知し、感染リスクを通知する映像解析システム「VAAKEYE+(バークアイプラス)」の試験提供を開始することを発表した。

・映像AIの実績を活用

同社は、すでに人工知能を使用し社会問題を解決するという理念に基づいた映像解析AI「VAAKEYE」を開発してきた実績を持つ。

「VAAKEYE」は、防犯カメラ映像を解析し不審な行動を検知、映像証拠を残すことを可能にしており、万引き防止や事故防止に役立てられるとしてすでに様々な店舗で導入されている。

・映像から感染リスクを感知し通知

今回提供を開始した「VAAKEYE+」は、防犯カメラ映像およびサーモグラフィー映像を解析し、発熱や咳など 症状、人が密集している状態、近距離での会話や発声が行われる状態(密接)、マスクの有無、ドアノブなどへの不特定多数の接触、設備の消毒有無といった人物や設備の状態を検知し、「飛沫感染」及び「接触感染」などの感染リスクを通知する仕組み。

オフィス、レストランや公共空間などにおいて、入場検査、濃厚接触の回避、換気・設備消毒などを促進し、利用者および従業者の感染リスク低減の効果が期待できるという。

人物や設備の状態を分析することにより、感染リスクの高い行動の情報発信、感染経路のシミュレーションなどに活用することが可能に。感染症対策として多角的な側面からコロナ対策に効果を出すことが期待されている。

株式会社VAAK
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報