海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ニューヨーク大が新型コロナの重篤化をAIで予測! 医師の診断サポートツール開発へ

Tech

ニューヨーク大が新型コロナの重篤化をAIで予測! 医師の診断サポートツール開発へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
COVID-19で注意すべきは、軽い風邪の症状が1週間後に急転することだろう。高血圧や糖尿病といった基礎疾患のある人はハイリスク患者となるが、持病がなくても重症化するケースも多い。

武漢の病院を対象とした臨床経過の研究からも、その危険性がわかるARDS(急性呼吸窮迫症候群:肺炎や敗血症などによる重度の呼吸器不全)の発症を早期に予測できれば、トリアージにも反映できる。ニューヨーク大学の研究者らは、患者の初期症状からARDSの発症を予測するAIを開発を試み、論文を発表している。

・重篤化に関連する3つの症状が判明

ニューヨーク大学の研究者らは、温州中央病院など中国の2つの病院のデータを用いて、ARDSの発症と関連する症状を分析している。

患者の初期段階の臨床的特徴を入力に、ARDSの発症を予測するモデルを作成したところ、肝臓の酵素(ALT)レベルの軽度の上昇、筋肉痛、ヘモグロビンレベルの上昇の3つが、予測に最も役立つ症状と判明した。

同研究は、“迅速な意思決定のサポートを提供するための最初のステップ”だという。

・最大80%の予測精度

ScienceDailyの記事によれば、上記3つの症状とそれ以外の臨床的特徴を組み合わせたときの“予測精度は最大80%”だったようだ。

また少し意外なことに、COVID-19で特徴的な初期の発熱度合いや、肺の画像診断パターンは予測にとって有用な因子にならなかった。さらには、COVID-19の発症や重篤化と関連することが知られる年齢や性別も、今回の研究では予測に役立たたなかったという。

今回の研究は、比較的小さなデータセットが用いられたもので、今後さらに役立つものに発展する可能性がある。

参照元:Towards an Artificial Intelligence Framework for Data-Driven Prediction of Coronavirus Clinical Severity/ Science Press
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報