海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 硬さは3段階! 3Dプリントによるバケットシートをポルシェが発表

Tech

硬さは3段階! 3Dプリントによるバケットシートをポルシェが発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ポルシェは3Dプリント技術を利用したバケットシートを開発した。3段階の硬さが設定でき、実車にも採用される。

・レース譲りの技術

ポルシェが開発したのは、シートの背もたれのクッションの一部を3Dプリンターで製作したシート。これは軽量フルバケットシートをベースとしており、サンドイッチ構造が採用されている。

将来的には、シートでは快適層の硬さをハード、ミディアム、ソフトの3段階から選択できるようになる。シートの硬さの調節はモータースポーツ業界でよく見られる技術で、それが一般向け車両に応用される形だ。

・市販車両にも採用へ

今回の3Dプリントを利用したシートは、早ければ2020年5月から911と718の運転席シートとして、Porsche Tequipmentから発売される。当初は、6点シートベルトと組み合わせるレース用のプロトタイプとして位置づけられる。

そして2020年半ばからは、3種類の硬度とカラーのフルバケットシートがPorsche Exclusive Manufakturから発売される。さらに将来的には、個々の顧客の体の輪郭にあわせたシートも開発されるという。

柔軟に形状が変えられる3Dプリントだからこそ実現した、硬さの調節が可能なポルシェの新たなバケットシート。まずは、その座り心地を試してみたいものだ。

ポルシェ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報