海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise ファーウェイが「P40」シリーズを発表!究極のカメラを備えたスマートフォン

Enterprise

ファーウェイが「P40」シリーズを発表!究極のカメラを備えたスマートフォン

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファーウェイがAndroidスマートフォン「P40」シリーズを発表した。フラッグシップ機としての高性能がセールスポイントで、グレードの異なる3モデルを展開する。今回は海外向けの発表となっており、日本での発売は未定。

「P40」「P40 Pro」「P40 Pro+」の3モデル展開

今回発表されたのは、「P40」「P40 Pro」「P40 Pro+」の3モデル。プロセッサにファーウェイ自社開発の「Kirin 990 5G」を採用している点は共通で、5G通信に対応している。トップクラスの処理性能を誇り、重い処理も苦にしない。

そして特筆すべきは、業界最高峰ともいえるカメラだ。3モデルとも、ファーウェイ製のスマートフォンとしてはおなじみのライカ製カメラを装備。レンズ構成や性能はモデルによって異なるが、最上位モデル「P40 Pro+」はペンタ(5眼)カメラを搭載し、光学10倍ズームに加えて最大100倍ズームが可能。カメラに定評があるファーウェイならではのスペックとなっている。

懸念すべき点は、アメリカによる制裁の影響でGoogle系サービスが非搭載ということ。アプリのダウンロードなどは、ファーウェイのアプリストア(AppGallery)経由で行う必要がある。ユーザーにとって大きなデメリットであることは否定できず、特にグローバル市場における売れ行きへの影響は避けられないだろう。

発売情報

参考価格は、「P40」が799ユーロ(約9万6,000円)、「P40 Pro」が999ユーロ(約12万円)、「P40 Pro+」が1,399ユーロ(約16万9,000円)となっている。トップクラスの性能を持つとはいえ、最上位モデルで20万円近い価格は驚きだ。

カラーリングは「P40」「P40 Pro」が5種類、「P40 Pro+」が2種類。「P40 Pro+」では背面にセラミック素材を採用した。今年4月以降に順次発売される見込みだが、日本での発売予定は明らかになっていない。

ファーウェイ(海外)

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報