海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise Appleから新型iPad Pro登場、処理性能やカメラが大幅進化!

Enterprise

Appleから新型iPad Pro登場、処理性能やカメラが大幅進化!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Appleが、iPad Proの新モデルを発表した。処理性能が向上したA12Z Bionicチップや、距離計測が可能なLiDARスキャナを搭載。プロ仕様のカメラも備え、クリエイティブに活用できる一台だ。予定発売日は今月25日となっている。

進化を遂げたiPad Pro

今回発表されたiPad Proは、11インチと12.9インチの異なる2サイズ展開。最新のA12Z Bionicチップを搭載し、動画編集などの重い処理も苦にしないスペックを誇る。

背面には、12MPの広角カメラに加えて10MPの超広角カメラを備えた。画角の広い撮影にも新たに対応し、従来のモデルに比べて多彩な活躍が期待できる。また、対象物への距離を計測可能なLiDARスキャナを搭載。AR(拡張現実)体験など、各種アプリケーションとの連携で可能性が広がりそうだ。

カラーリングは、シルバーとスペースグレイの2種類。ストレージは標準128GBで、256GB・512GB・1TBもオプションとして選択可能。

価格は、11インチのWi-Fiモデルが8万4,800円(税別)から、12.9インチのWi-Fiモデルが10万4,800円(税別)からとなっている。11インチ・12.9インチともに、セルラーモデルも用意。3月25日の発売を予定し、それまでは予約注文も受け付ける。

トラックパッドにも対応

また、最新のiPadOS 13.4はトラックパッドに対応。今春発売予定の新型Magic KeyboardをオプションとしてiPad Proに取り付けることにより、タッチに加えてトラックパッド操作が可能になる。最大130度の視野角調整ができることもセールスポイントといえるだろう。

新型Magic Keyboardの価格は、11インチのiPad Pro用が3万1,800円(税別)、12.9インチのiPad Pro用が3万7,800円(税別)。今年5月の発売予定となっている。

Apple

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報