海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech AIで事故リスク推定! ソニー自動車保険「GOOD DRIVE」でキャッシュバック!?

Tech

AIで事故リスク推定! ソニー自動車保険「GOOD DRIVE」でキャッシュバック!?

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー株式会社とソニー損害保険株式会社およびソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の3社は、AIを活用した運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE(グッドドライブ)」を共同開発。2020年3月18日より販売を開始する。

低リスクドライバーにキャッシュバック

「GOOD DRIVE」は、アクセル、ブレーキ、ハンドル、スマートフォンの操作状況といった「運転特性」を、エンジンのON・OFFと連動したスマートフォンの専用アプリで自動計測し、運転時の特性と事故との相関から事故リスクの度合いを「運転スコア(100点満点)」として表示。その結果、事故リスクが低いドライバーに保険料の最大30%をキャッシュバックするという保険サービスだ。

運転特性データの計測と事故リスクの推定には、専用アプリとクラウドコンピューティング環境の双方に搭載した、ソニーのR&Dセンター開発のAIアルゴリズムが用いられている。

ドライバーの行動変容を促す

専用アプリに搭載したAIアルゴリズムは、スマートフォンの加速度センサーやジャイロセンサー、GPSのデータをもとに、運転時のスマートフォンの置き場所に関係なく運転特性データを計測し、計測中にスマートフォンが移動しても高精度な計測が可能だという。

計測された全運転特性データをクラウドコンピューティング環境に集約し、ソニー損保が保有する事故データと関連づけて作成した予測モデルによって、事故リスクが算出される。

算出された事故リスクを専用アプリより被保険者に通知。同時に、事故リスクを低減するアドバイスをシンプルかつわかりやすく提示する。そして、事故リスクの低いドライバーは、最大30%のキャッシュバックを受けられるようだ。

ただし、キャッシュバックを受けるには「保険始期日より270日以上が経過していること」「累積の計測時間が20時間以上であること」「キャッシュバックが0%でないこと」という条件を満たす必要がある。ちなみに、キャッシュバックはあくまで推定された事故リスクに応じて発生したものであり、実際に事故に遭遇してもキャッシュバックへの影響はないようだ。

同保険サービスは、事故リスクの低減方法の提示とキャッシュバックというメリットを提供することで、ドライバーの行動変容を促していく。販売に先駆け実施された実証実験では、事故リスクを15.3%低減させるという結果を得ており、実際にドライバーの行動が変化したことを確認しているという。

3社は、事故リスクの低減を、ドライバーだけでなくモビリティを取り巻く社会全体の安心・安全に寄与するものだと認識し、同保険サービスを通じ、世の中に安心・安全を提供したいとしている。

ソニー株式会社
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報