海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 最長15時間再生できる! Beats が最新ワイヤレスイヤホン「Powerbeats」を発表

Tech

最長15時間再生できる! Beats が最新ワイヤレスイヤホン「Powerbeats」を発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Apple傘下の人気イヤホンブランドBeatsが新Powerbeatsを正式に発表した。最長15時間の再生が可能なほか、AppleのH1チップが搭載され、「Hey Siri」と呼びかけてAIアシスタントを起動できるようになっている。

具体的な発売日はまだ示されていないが、日本での価格は1万4800円(税別)だ。

・既存ラインナップを一本化

これまで噂が先行していたが、人気のオーディオブランドBeatsが正式に新「Powerbeats」をウェブサイトに登場させた。

サイトをチェックした人はお気づきかと思うが、「Powerbeats 4」としてではなく「Powerbeats」と表示されている。これは、3までのPowerbeatsシリーズを最新バージョンに一本化することを意味する。ただし、Powerbeats Proは別だ。

・5分の充電で1時間再生

最新モデルの大きな特徴は、再生時間が15時間になったこと。Powerbeats 3よりも2時間伸びている。マラソンやハイキングなど長時間のワークアウトでも安心して使えそうだ。ちなみに、5分の充電で再生1時間分が賄えるファーストフューエル機能も備える。

また、AppleのH1チップを搭載することにより「Hey Siri」に対応するようになった。そもそもPowerbeatsはイヤーフックデザインを採用するなど、アクティブなユーザーを想定している。音声アシスタントを呼びかけて起動できるようにすることで、操作のためにエクササイズを中断するということがなくなる。

加えて、イヤホン側面のbマーク部分にあるボタンでもコールを取る、曲をスキップするといった操作が行える。

連携するスマホを触ることなく操作できるのでワークアウトにフォーカスできるが、屋外でのハードなワークアウト時に使用することを想定している人は、完全防水ではなく耐汗・防沫仕様(IPX4)であることは留意しておく必要がある。

カラーは白、黒、赤の3色。

Powerbeats
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報