海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech サッカー日本代表の特別映像! 360°映像で会場の臨場感と選手視点を堪能!

Tech

サッカー日本代表の特別映像! 360°映像で会場の臨場感と選手視点を堪能!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
公益財団法人日本サッカー協会とキリンホールディングス株式会社は、サッカー日本代表選手の練習・ロッカールーム・代表戦などの様子を、普段見ることのできない視点から楽しめる360°映像「The Blue 360°」を公開する。

特別映像を簡単に

両社は、3月に予定していたアジア2次予選の延期やU-23日本代表の国際親善試合の中止に伴い、ファンやサポーターが自宅でもサッカー日本代表を身近に感じられるようにと、360°映像の体験型コンテンツ「The Blue 360°」の公開を決定した。

YouTubeアプリで映像を再生し、スマートフォンを左右上下に動かすだけというシンプルな視聴方法で、より多くの人が視聴できそうだ。

このたび公開される映像は、2019年11月に開催された「キリンチャレンジカップ2019」における、SAMURAI BLUE(サッカー日本代表)の試合当日、およびU-23日本代表の練習・試合当日に密着し、360°カメラで撮影した特別映像である。普段見ることができない特等席からの試合観戦や、バックヤードの映像など、多彩なコンテンツを展開するようだ。

豊富なコンテンツ

配信コンテンツは全部で5種類。まずは、配信期間が2020年3月16日~2020年11月18日のコンテンツを3つ紹介しよう。

1つ目は、SAMURAI BLUEの1日を選手視点で楽しめる「サッカー日本代表戦スタジアムに潜入! 」。2つ目は、選手たちのアップやゴール前の迫力の競り合いを、ピッチサイドの視点から間近で見られる「ピッチサイドのバーチャル特等席」。3つ目は、選手入場直前などスタジアム全体が盛り上がる瞬間を、ピッチ全体が見えるメインスタンド側からの視点で体験できる「スタジアムの一体感を体験」だ。

次に、2020年3月16日から終了時期未定で配信される「ピッチ真ん中からのド迫力」。これは、選手入場直前の大歓声の中、ピッチ中央で行われる入場セレモニー「センターサークルシートベアラー」からの視点でその迫力を体感できるコンテンツだ。

なお、上記の4コンテンツはいずれも日本代表対ベネズエラ代表戦の映像である。

そして、2020年3月16日~2020年7月12日の期間で配信される「U-23日本代表に密着! 」では、U-23日本代表の練習合宿に密着しており、練習中の選手たちが目の前に現れ、まるでチームの一員になったような感覚に浸れるという。なお、このコンテンツは、U-22日本代表対U-22コロンビア代表戦の映像だ。

新型コロナウイルスにより不安や不便が生じるなか、このようにテクノロジーの力で対応していくことに、力強さを感じている。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報