海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 3Dキャラクター「もみちゃん」、成田空港で芸術作品の解説に起用

Tech

3Dキャラクター「もみちゃん」、成田空港で芸術作品の解説に起用

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Gatebox株式会社は、成田国際空港にて展示される「光る江戸図で感じる日本」の解説用ICT機器として、キャラクター召喚装置「Gatebox」の稼働を開始。国立歴史民俗博物館(歴博)の3Dキャラクター「もみちゃん」が召喚され、旅行客に日本の歴史文化を紹介していく。

なお、同展示への参画は、同社初のビジネス向けGateboxアプリケーション稼働事例となる。

3Dキャラクターが歴史・文化を解説

成田国際空港にて、2020年3月12日より展示されるのは、歴博の所蔵する「江戸図屏風」の画像をもとにファブリックパネル素材で制作された内照式の「光る江戸図」と先端の「解説用ICT機器」だ。

解説用ICT機器として展示されるキャラクター召喚装置「Gatebox」は、コミュニケーションロボットの「Sota」とともに「光る江戸図」の展示解説として活用される。「Gatebox」に歴博3Dキャラクターの「もみちゃん」を召喚し、日本語、英語、中国語、韓国語の4つの言語で屏風の解説を行う。

これにより、国内外の旅行客に対して日本の歴史と文化への親しみと興味を喚起し、歴博のある佐倉市および近隣エリアへの訪問を促そうというのだ。

展示場所は、成⽥国際空港第2ターミナル 出国⼿続き後エリア(「NARITA SKY LOUNGE 和」内)、展示期間は2020年3⽉12⽇~6⽉末までを予定している。

ビジネス事例第1号は「もみちゃん」

Gateboxは、「キャラクターと一緒に暮らせる世界」というビジョンを実現すべく、キャラクター召喚装置「Gatebox」を開発。例えば、癒やしの花嫁キャラクター「逢妻ヒカリ」を召喚し、朝の挨拶や出先でのチャットのやり取り、寝る前の雑談など、日々の生活を心安らぐものにできるという。

今回、同社初のビジネス事例として召喚する、歴博3Dキャラクター「もみちゃん」は、幅広い身分の人々の表着(うわぎ)として用いられた、現在の着物の直接の祖先といえる「小袖」を身にまとい、「小袖」の魅力を伝えるべく誕生したキャラクターである。

このたびの取り組みにおいて、「もみちゃん」を召喚するキャラクターアプリケーションの開発および言語切替ができるGatebox設置機器の開発を株式会社ハニカムラボが担った。Gateboxとハニカムラボはビジネスソリューション開発において提携しており、今後とも両社は新しいビジネスソリューションの提供に向けて尽力するとのことだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報