海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ドローンを使って蔵書点検! IBISによる書架自動撮影の検証を実施

Tech

ドローンを使って蔵書点検! IBISによる書架自動撮影の検証を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社 Liberawareは、千葉県船橋市・西図書館に京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下、 KCCS)の「AI 蔵書点検システム」が試験導入されるにあたり、特殊小型ドローン「IBIS(アイビス)」の自動飛行・撮影と「AI 蔵書点検システム」との連携についての検証を実施する。

連携の可能性を探る

一般的な図書館における蔵書点検は、全資料を専用の機器で 1 点ずつ読み取り、図書館システム上の蔵書データと照合するという高負荷な業務だ。

AI活用に積極的な船橋市は、公民館図書室における蔵書点検業務の負荷軽減・効率化を目指し、KCCSと共に船橋市西図書館に「AI蔵書点検システム」の環境を構築。2020年3月12日より同システムの試験導入を開始する。

「AI 蔵書点検システム」とは、KCCS 提供の、図書館利用率向上を目的とした公共図書館システム「ELCIELO」 と、画像解析 AI を組み合わせたシステム。本棚一面を撮影して得られる背表紙データと、「ELCIELO」に登録されたその棚の範囲の蔵書データを画像解析 AI に取り込み、マッチング分析し、棚単位で蔵書点検を行うことができる。

このたびの検証では、蔵書点検に必要な本棚一面の撮影を、タブレット端末を用いた手動撮影加えて、Liberawareの特殊小型ドローン「IBIS」による自動撮影で実施し、蔵書点検無人化の可能性を探るという。

小ささを活かした利用シーン

自動撮影が可能な自動飛行ドローンの多くは200g以上と大きサイズのもので、図書館内での飛行には不向きであった。そんな中、Liberawareが提供する手のひらサイズの「IBIS」ならば、設備への影響リスクが最小限であると考え、「AI 蔵書点検システム」との連携について共同で検証を行うこととなったのだ。

「IBIS」は、あらかじめプログラミングしたルートを自動飛行する世界最小クラスの産業用小型ドローンである。重量はバッテリー込みで190g、サイズは190×180×50mmの手のひらサイズ、最大飛行時間は9分間だ。屋内警備や設備点検のほか、倉庫内における在庫管理業務にも導入検討が進められ、省人化・省力化、安全性の向上などが期待されているという。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報