海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up リコーの360度カメラ開発チームが新会社を設立、年内にペンタイプ全天球カメラを発売へ

Start Up

リコーの360度カメラ開発チームが新会社を設立、年内にペンタイプ全天球カメラを発売へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
360度カメラ「RICOH THETA」の開発を担ったコアメンバーが独立し、新会社Vecnos(ベクノス)として新製品の開発に取り組んでいることが発表された。

すでにペン型の全天球カメラの開発を手掛け、年内に発売するとしている。

・業界をリードしたチーム

2013年に発売されたリコーの「THETA」は360度カメラの先駆けだ。シャッターボタンを押すだけで周囲360度という新たな構図の写真が撮れるとあって人気を博した。その後360度カメラはさまざまなメーカーから発売されているが、基本的にはTHETAの構造を踏襲しているものが多い。

まさにこの業界をリードしてきたといえる開発チームが、さならる挑戦をすべく新会社を発足させ、すでにVecnos初の製品に取り組んでいる。THETAよりもさらにコンパクトなペンタイプだ。

・先端に魚眼レンズ4つ

新製品にまだ名称はない。一見、ペン型懐中電灯のようなデザインで、360度撮影を実現するために先端に4つの魚眼レンズを搭載している。

それぞれのレンズがとらえた映像をつなぎ合わせて360度映像となるのはこれまでのカメラと同じで、そうした難しいことは全てカメラが引き受け、ユーザーはただシャッターボタンを押すだけだ。

公開されたプロモーションビデオを観ると、子どもの手にもなじむサイズとデザインで、ズボンのポケットなどにもすっぽりと収まる。手軽に持ち歩けるようにすることで、今以上に日常をカジュアルに360度撮影できそうだ。

そしてカメラはスマホやアプリとリンクし、撮ったものをすぐにスマホで閲覧したりシェアしたりすることもできるよう。パーティーなどのイベントや旅行にあると重宝すること間違いなしだろう。

新360度カメラは年内発売とされているが、発売時期や価格などはまだ発表されていない。

Vecnos
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報