海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech eスポーツ観戦などをバーチャル空間で! VR施設「V-RAGE」β版オープン!

Tech

eスポーツ観戦などをバーチャル空間で! VR施設「V-RAGE」β版オープン!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営する株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日は、eスポーツ観戦やイベント体験ができるeスポーツ専用VR施設「V-RAGE(ブイレイジ)」のβ版を3月15日にオープンする。

バーチャル空間ならではの楽しみ方

「V-RAGE」は、eスポーツ大会の観戦やイベント参加体験ができるeスポーツ専用VR施設だ。クラスター社が提供するバーチャルイベントプラットフォームを利用し、eスポーツ大会「RAGE」をバーチャル空間で開催することが可能となった。

ユーザーはスマートフォンやPCから「V-RAGE」へアクセスすることで、どこからでも臨場感溢れるeスポーツ観戦やイベント参加ができるようになる。

「V-RAGE」では、試合の勝敗と連動した会場のカラー変更や、会場内に花火が打ちあがるなどバーチャル空間ならではの演出が体験できるという。また、会場内を自由に移動できるため、自分の好きな角度から観戦することが可能。さらに、友人と一緒にチャットによる会話や、コンテンツを楽しむこともできるようだ。

オープン記念イベント開催

このたびの「V-RAGE」のオープンを記念して、「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」と連動したVRイベントが開催される。同大会は2020年3月15日にベルサール渋谷ガーデンにて開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大状況を鑑み、無観客試合としての実施が決定。そこで、同大会と連動したVRイベントを「V-RAGE」にて開催することとなった。来場(ログイン)方法は、スマートフォン、PC、VR専用機器のそれぞれのインストールページからインストールするのみだ。

「V-RAGE」でのイベントは、2020年3月15日、開場11:00(開演12:00)~終演22:00で開催予定。イベント企画として、M-1グランプリ2019王者「ミルクボーイ」が3Dモデル化され、「V-RAGE」のためにオリジナルネタを披露するステージが予定されている。また、Shadowverseのゲーム実況で人気の「もこう・つるおか(かものはし)」も3Dモデル化され、サブチャンネル・VR配信を行うとのこと。

「RAGE」は今後、オフライン会場での観戦、オンライン配信での視聴、地上波での放送に加え、バーチャル空間で新たな体験を提供していくという。RAGE総合プロデューサー 大友真吾氏は、5Gの普及によって通信環境の制約や条件が変化していく中で、「V-RAGE」をeスポーツイベントの新たな形として取り組むことで、現実世界とバーチャル空間でのイベント連動によるファン・コミュニティの活性化や、VRならではの新たな観戦体験を実現し、日本のeスポーツの観戦文化を発展させたいとコメントした。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報