海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

‎Notification タイヤ交換が不要に すり減ったトレッドを自己修復させる新コンセプトをGoodyearが発表

‎Notification

タイヤ交換が不要に すり減ったトレッドを自己修復させる新コンセプトをGoodyearが発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
車を走らせれば、タイヤのトレッド(路面と接触する部分)はすり減る。これは避けようがなく、いつかは新しいタイヤに交換しなければならない——というのは過去のことになりそうだ。

世界的なタイヤメーカーであるグッドイヤー(Goodyear)が、交換不要のタイヤ開発に取り組み、そのコンセプトモデルといえる「reCharge」を発表した。

・トレッドを自己修復

このタイヤ「reCharge」の最大の特長は、トレッドを修復できることだ。ゴムの成分となる液状の化合物を注入、浸透させることで、すり減ったトレッドが元通りになる。

具体的なやり方は簡単だ。修復の素材となる化合物は筒形のカートリッジに入っており、ユーザーはそれをタイヤの中心(車軸の部分)にはめ込むだけ。あとは車を走らせているうちに、液体が遠心力でトレッドに到達・浸透し、ゴムを再建する。(一般のタイヤと違い、このreChargeには液体を運ぶための細い管が仕込まれている)

化合物の詳細はまだ発表されていないが、リリースによれば、環境に考慮した生物素材から作られるとのこと。また、強靭な高分子として知られる蜘蛛の糸にヒントを得た繊維質も含まれるらしい。

・パーソナライズできる液体カプセル

グッドイヤーは、カプセルに入れる液体成分の構成比率を変えて、ユーザーの選択肢を増やすつもりだ。山道を多く走る人、寒冷地を走る人などに向けた特製の「ブレンド」や、夏用、冬用といった季節ごとのカプセルも提供できるとのこと。

また、今後自動運転車がさらに普及すれば、コンピューターに記録された運転データを基に、ドライバー個人の運転の特徴を割り出せるようになる。そうなると、個人ごとに最適なカプセルを作ることも可能だという。

Goodyear

Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報