海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 5G時代の視聴体験がここに! 新サービス「5G LAB」の4つのカテゴリー

Tech

5G時代の視聴体験がここに! 新サービス「5G LAB」の4つのカテゴリー

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク株式会社は、2020年3月27日より5Gの商用サービスを開始すると発表。また、5G時代ならではの臨場感溢れる視聴体験を実現するコンテンツ配信サービス「5G LAB」の提供も同日開始する。

はじまる、5G視聴体験

「5G LAB」は、スマートフォンやタブレットなどで、キャリアを問わずに楽しめるサービスである。コンテンツのラインナップはエンタメやスポーツを中心としており、5Gを活用した次世代の視聴体験を提供していく。なお、同サービスは4G(LTE)でも利用できるとのこと。

同サービスには4つのカテゴリー「AR SQUARE」「VR SQUARE」「FR SQUARE」「GAME SQUARE」がある。

そのうち、「AR SQUARE」「VR SQUARE」「FR SQUARE」のコンテンツは、3月27日から7月31日(予定)まで無料体験できるという。無料体験期間終了後は、8月に開始予定の「5G LAB ベーシック」(月額500円)に申し込むことで、引き続き上記3つのカテゴリーのコンテンツが見放題となる。なお、「5G基本料」に加入している場合は、「5G LAB ベーシック」は無料。また、「動画SNS放題」対象料金サービスに加入しているユーザーはデータ容量を気にせず楽しむことができるという。

「GAME SQUARE」では、NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」(月額1,800円)の提供を6月以降から開始し、7月31日まで無料体験できる。

サービス開始に先立ち、3月5日より、全国のソフトバンクショップ45店に、「5G LAB」のコンテンツのデモや体験ができるコーナーを設置し、55店まで順次拡大していくとのことだ(体験コーナーのネットワーク環境は、4GやWi-Fiなど)。

4つのカテゴリーの特徴

「AR SQUARE」は、AR技術を活用したコンテンツをアプリで楽しめるというもの。例えば、アイドルやキャラクターなどを、拡大・縮小・回転して自由に鑑賞したり、スマホのカメラを通して好きなアイドルやキャラクターを出現させ、一緒に写真や動画を撮影したりすることも可能になる。撮影した写真や動画をSNSに投稿することもできるようだ。

「VR SQUARE」は、AKB48グループの劇場公演初のVRライブ配信で話題となった「LiVR(ライブイアール)」の名称を変更し、大幅にジャンルやコンテンツを拡張してアプリで提供するというものだ。どこからでも会場の臨場感を味わえ、自分だけの特等席で参加できることや、複数の視点に切り替えられるのが特徴である。VRゴーグルを装着すると、3D視聴も可能だ。なお、同社が3月27日以降に発売する5G対応スマホを購入すると、先着でVRゴーグルをプレゼントするキャンペーンを実施するとのこと。

「Free view point Reality(多視点)」というコンセプトに基づいた造語「FR」を用いた「FR SQUARE」アプリでは、会場のあらゆる角度の映像を同時に表示できる。音楽ライブでは、お気に入りメンバーだけを選んで視聴したり、福岡PayPayドームで開催される福岡ソフトバンクホークス戦では映像を回転させ、好きな角度で視聴したりすることが可能だ。また、国内バスケのライブ中継が楽しめる「バスケットLIVE」においても3月27日より多視点コンテンツの提供を開始するとのこと。

ちなみに、AKB48の57枚目シングル「失恋、ありがとう」の特別メイキング映像を「VR SQUARE」で、多視点ミュージックビデオを「FR SQUARE」で独占配信する予定だという。

「GAME SQUARE」では、NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」の日本サービスである「GeForce NOW Powered by SoftBank」(月額1,800円)の提供を6月以降に開始し、負荷の高いデータ処理を要するPCゲームが、デバイスや場所を問わずに楽しめるようになるとのことだ。

ソフトバンク株式会社
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報