海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Social Media Facebook が新型コロナ関連の取り組みを発表、正確な情報提供へWHOの無料広告を掲載

Social Media

Facebook が新型コロナ関連の取り組みを発表、正確な情報提供へWHOの無料広告を掲載

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスが世界的な広がりをみせているなか、FacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグ氏が同社の取り組みを発表した。

ユーザーに新型コロナに関する正しい情報を提供するために、世界保健機構(WHO)や各国の保健当局のサイトへユーザーを誘導するほか、誤情報の取締りを強化する。

・当局のサイトを案内

多くの人が毎日、新型コロナウイルスのニュースを見聞し、またウェブサイトで情報収集している。そうした中、Facebookのプラットフォームで新型コロナを検索すると、検索結果トップページにWHOやユーザーが居住する国の保健当局のウェブサイトにとべるポップアップが表示されるようにする。

これはユーザーに正しい情報を入手してもらうための措置だ。また、WHOが必要に応じて新型コロナに関する広告をいくらでも出せる無料広告枠も提供する。米疾病予防管理センター(CDC)や国際連合自動基金(UNICEF)といった団体にも広告クレジットを提供する計画とのこと。

・悪徳広告もブロック

また、Facebookはデマや有害な誤情報の防止にも取り組む。「自らの経験を共有する場は大事」とSNSの意義に触れつつも、ザッカーバーグ氏は「他人を危険な状況に陥れるようなものの共有は許されない」として、新型コロナについての誤情報や陰謀説などを削除している、とした。

また、新型肺炎を治癒できるとうたうなど、消費者から搾取しようとしている広告もブロックする。

一方で、保健当局や研究者ら向けの取り組みも紹介。チャン・ザッカーバーグ・イニシアチブの支援を受けた研究チームが新型肺炎を引き起こすウイルスの全ゲノム配列を特定できたという。

これによりウイルスに感染しているかどうかを早く確認できるようになり、チームは世界中の研究者がウイルスのゲノムを調べられるようにするツールの公開バージョンも作成した、と報告した。

Mark Zuckerberg/Facebook

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報