海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up IoTを活用したオフィス向けロッカー式ランチデリバリーサービス

Start Up

IoTを活用したオフィス向けロッカー式ランチデリバリーサービス

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカで2017年に創設されたMinnowは、IoT(モノのインターネット)を活用したオフィス向けロッカー式ランチデリバリーサービスだ。

現在、オレゴン州ポートランドを中心に事業を展開している。

・オフィスビルに設置された専用ロッカーにランチを配達

Minnowでは、このサービスに加入するオフィスビルに最大20食を保管できる専用ロッカー「Minnow Pickup Pod」を設置。

ユーザーが最寄りの「Minnow Pickup Pod」を受け取り先に指定して会員登録すると、月曜日から金曜日まで、毎朝、Minnowの日替わりのランチメニューがテキストメッセージで送信され、ユーザーは、ランチメニューから選んでテキストメッセージに返信する。

受注したランチメニューはMinnowと提携する地元の飲食店が調理し、ポートランドの配送サービスB-lineがカーゴバイクで「Minnow Pickup Pod」に配送。商品が到着すると、ユーザーにテキストメッセージが届く。

ユーザーが「Minnow Pickup Pod」の前まで移動してテキストメッセージに記載された専用リンクをタップすると、ロッカーの扉が解錠され、商品を取り出せる仕組みだ。

・欧米でオフィス向けランチデリバリーサービスが広がる

欧米では、Minnowのほか、シアトルなど米国5都市で展開するPeach、フランスで2000社以上が利用するDejboxなど、オフィス向けのランチデリバリーサービスが徐々に広がっている。

フードデリバリーサービスの需要拡大に伴って、競争環境も厳しくなるなか、よりニッチな需要に応えるサービスといえるだろう。(文 松岡由希子)

Minnow
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報