海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media ケアが必要な高齢者と介護者を結びつけるプラットフォーム「HomeHero」

Social Media

ケアが必要な高齢者と介護者を結びつけるプラットフォーム「HomeHero」

世界各地の先進国では、高齢化社会が重大な問題になってきている。医療や福祉の発展を受けて、人類の歴史上、過去にこれほど高齢者の数が多い時代はない。高齢者は自力で生活をするのが難しいこともあり、どうしてもケアが必要だ。アメリ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
HomeHero世界各地の先進国では、高齢化社会が重大な問題になってきている。医療や福祉の発展を受けて、人類の歴史上、過去にこれほど高齢者の数が多い時代はない。高齢者は自力で生活をするのが難しいこともあり、どうしてもケアが必要だ。アメリカでも、国内の人口における高齢者の数はこの先も増え続ける見込みで、高齢者のケアをする介護者に対するニーズは、劇的に増加していくことが予想される。

そうした時代の流れを受けて、介護市場に現代のITテクノロジーを導入した「HomeHero」というサービスがローンチされた。ユーザーはこのプラットフォームを通じて、ニーズに合った介護者を探すことができる。介護者は医療従事者ではないものの、日常の家事、食事の支度、買い物、運動のサポート、外出の同伴など、広範囲に及ぶ用事をカバーしてくれるので大助かり。サービス利用料金は1時間あたり15~20ドル程度だ。

「HomeHero」の人材採用では、面談、入会試験、経歴の調査などがおこなわれ、厳しい審査基準をクリアした人材のみ、登録が許可されるという。ユーザーは、介護者の動画付きプロフィールやユーザーレビューを閲覧することができ、介護者の性別、経験年数、使用言語、レビュー数でフィルターをかけて、検索ができるようになっている。

さらにプラットフォームを使って、高齢者の家族たちは介護者と連絡のやり取りが可能。タイムシート追跡機能でタスクの管理をしたり、業務日報のチェックもできる。緊急の連絡先も記載されているほか、自動支払い処理もできるので、スムーズにサービスを利用できそうだ。

また、「HomeHero」では保険に加入しているので、万が一高齢者が身体に怪我を負ったり、財産に被害が及ぶようなことがあっても、100万ドルの保険がかけられているので心強い。遠方に住んでいる家族や親族にとっては、日常で必要な雑用をこなしてくれるほか、年寄りの見回り、日々の健康管理という意味でも、安心感は格段に違ってくるだろう。

HomeHero
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報