海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up マルチポートをサポートするUSB-Cハブ「FlashDock」は最大2TBのSSD付き!

Start Up

マルチポートをサポートするUSB-Cハブ「FlashDock」は最大2TBのSSD付き!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
AppleのMacBook ProとMacBook Airを愛用している人で、周辺機器を使ったり大容量のデータを扱ったりすることが多いという人は要チェックのアイテムがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

ドイツのスタートアップが開発した、USB-CハブとSSDが一体になった「FlashDock」。コンパクトで、MacBookと一体化させて使うことができる。

・SDカードスロットも

FlashDockはMacBook ProとMacBook AirのサイドにあるUSB-Cポートに差し込んで使う。2016〜2020年生産の、USB-Cポート2つが左側にあるモデルが対象だ。

FlashDockの機能は2つ。まずUSB-Cハブとして、USB-CポートやSD・マイクロSDカードスロットを備える。そして5K Mini DisplayPortまたは4K HDMIのどちらかを搭載している。

・容量512GB〜2TB

もう1つの機能はSSDだ。こちらは容量512GB、1TB、2TBの3タイプが用意されている。

最近は動画などの質が格段に上がり、それに伴い扱うデータ量も増えている。MacBook内蔵のメモリで不安という人にはうってつけだろう。ちなみにデータ転送スピードは読み込み、書き込みともに400MB/s超となっている。

FlashDockの大きさは12.7×3センチとコンパクトで、持ち歩きに邪魔にならない。装着したままでもPCバッグやケースに収まりそうだ。

FlashDockは現在、Kickstarterで出資を受け付けている。出資額はタイプによって異なるが、HDMI搭載でSSD容量512GBだと149ユーロ(約1万8000円)〜、Mini DisplayPort搭載でSSD容量1TBだと239ユーロ(約2万9000円)〜となっている。

出資は3月26日まで受け付け、目標額を達成すれば4月にも発送が始まる見込みだ。

FlashDock/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報