海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Tellus Ver.2.0リリース! UI・UX改善と、新機能「マーケット」追加

Tech

Tellus Ver.2.0リリース! UI・UX改善と、新機能「マーケット」追加

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
さくらインターネット株式会社が開発・運用する衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」のVer.2.0がリリースされた。今回の大型アップデートにより、UI・UXの改善に加え、新機能「Tellus マーケット」が登場。

UI・UXの改善

同社は、経済産業省の「政府衛星データのオープンアンドフリー化・データ利活用促進事業」として同プラットフォームを開発、運用してきた。

Tellusは、衛星データや衛星データを扱うツールの提供、アプリケーションなどの開発環境、衛星データ活用のためのトレーニングや衛星データコンテストなどの教育コンテンツ、衛星データを活用するためのドキュメントを提供するオウンドメディアといった機能を有した日本初の衛星データプラットフォームだ。

同社はこのたび、Tellusの大型アップデートを行い、Ver.2.0をリリース。衛星データを手軽に閲覧・操作できるTellus OSのUI・UXを大幅に改善している。直感的操作を可能にするデザインのリニューアルと、興味がある場所・時刻を基準にしてデータを検索することができるように機能を改善した。

新機能「Tellus マーケット」

また、新機能「Tellus マーケット」をリリース。プロバイダのさまざまなツール(衛星・地上等で取得できるデータ、解析用のアルゴリズム、Tellus上のデータもしくはアルゴリズムを利用して制作したアプリケーション)を、ECサイトのようなUIで検索し、一般の法人や個人が安全に取引できるようになった。「Tellusマーケット」で購入したアドインを連携し、Tellus OS上でのデータ分析をより簡易に行うことも可能なようだ。

2月27日時点でマーケットで見られるのは2社のデータ。一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)の地表面変位計測サービス RISEと、株式会社島津ビジネスシステムズの降水予測、降水観測情報、雷観測情報となっている。なお、株式会社ドコモ・インサイトマーケティングの人口統計データ「モバイル空間統計」が3月以降に追加予定とのこと。

「xData Alliance」

Tellusの開発・利用促進を目的としたアライアンス「xData Alliance(クロスデータアライアンス)」がある。同アライアンスは、東京大学空間情報科学研究センター教授の柴崎亮介氏をリーダーとして、宇宙産業関連企業を含めた事業者・研究機関・団体が集結し、2018年7月31日に発足。

2019年8月以降に株式会社島津ビジネスシステムズ、株式会社ディー・エヌ・エーの2社がデータ利活用領域で、株式会社フジクラ健康社会研究所、清水建設株式会社、東日本電信電話株式会社の3社がビジネス開発領域で新たに加入している。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報