海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 自殺の防止に役立つAIをアメリカの大学が開発

Tech

自殺の防止に役立つAIをアメリカの大学が開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
南カリフォルニア大学の研究チームが、自殺を未然に防ぐ「ゲートキーパー」として訓練可能な人物を特定するAIアルゴリズムを開発したことを発表した。

・自殺を防ぐ存在、ゲートキーパー

アメリカ疾病管理予防センターの調べによると、10歳〜24歳の自殺率は2007年から2017年の間に56%増加したことが報告されており、自殺は年々深刻化している社会問題だということが明らかになっている。そんな自殺に歯止めをかける存在として提案されているのが「ゲートキーパー」の存在。

「ゲートキーパー」とは、自殺の危険を示すサインに気づき適切な対応(例えば声をかける、話を聞く、必要な支援につなげる、見守るなど)を図ることができる人のことで、言わば「命の門番」とも位置付けられている。WHO(世界保健機関)を始め、多くの国々で自殺対策の分野でも広く使用されている用語、概念であって養成プログラムも実施されている。

・AIがSNSを元にゲートキーパー特定

今回、研究チームは、ソーシャルネットワーク情報を活用し、ゲートキーパーとして訓練するのに最適な個人を特定するAIアルゴリズムを開発。研究者らは「研究の目的は、ソーシャルネットワーク情報を活用し、必要に応じて助けを求めることができるサポートのためのネットワークを構築すること」と語っており、ソーシャルネットワーク上の交流関係や投稿といったデータをもとに、AIを使用し、自殺に歯止めをかける人物=「ゲートキーパー」を特定できる可能性を報告した。

AIによってゲートキーパーの存在が早急に特定することができれば、自殺防止の対応のための訓練なども効率的なアプローチが可能になるはず。この発見は、自殺の抑止力として大きな効果があるとして今後も開発が進められるという。

University of Southern California USC
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報