海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 電車を走らせてプログラミングが学べる「LoCoMoGo」が登場!

Tech

電車を走らせてプログラミングが学べる「LoCoMoGo」が登場!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもの習い事の定番となりつつあるプログラミング。楽しく学べるプログラミング教材は次々とリリースされている。

誰もが子どもの頃にはまった経験のある電車をプログラミング教材にしたのが、今回Kickstarterに登場した「LoCoMoGo」だ。シンプルな設計で、電車で遊びながら自然にプログラミングが学べる。

ドローンやロボットもいいが電車ならより身近、子どもが飽きることなく学んでいけるだろう。

・レールはクラフトテープでつくれる

「LoCoMoGo」ではレールの購入が不要で、クラフトテープやペイントがレールとなる。床にクラフトテープを張り巡らせて自由に路線を決定できて、レール費用の節約にもなりそうだ。

「LoCoMoGo」は、多くのプログラミング教材同様、段階に合わせてさまざまな学び方が用意されている。最もシンプルなのは、クラフトテープの色でコマンドを指定するもの。たとえば、「緑なら加速」「青ならライトを点灯」といったコマンドが組めて、プログラミング的思考が視覚的に理解しやすくなっている。クラフトテープやペイントなら、文字を読む前から扱えるだろう。

こうしたプログラミング学習は支援コース「Edison Express」で可能になる。

・LoCoMoGoアプリからドラッグ&ドロップでプログラミング

専用のLoCoMoGoアプリからドラッグ&ドロップでプログラミングすることもできて、年齢が上がり理解が進むとC言語に変換された中身を読むことも可能に。「チャレンジ」を解くこともできて、レベルに合わせた出題は随時アップデートされるようだ。

このような少し高度なプログラミング学習には、支援コース「Bell Express」が必要となっている。

子どもが無限に時間を費やせそうな「LoCoMoGo」は、現在Kickstarterにて支援を受付中。クラフトテープの上を走る先頭車両のみの支援コース「LoCoMotive」が89ユーロ(約1万700円)から、「Edison Express」が169ユーロ(約2万300円)から、「Bell Express」が239ユーロ(約2万8800円)からとなっている。支援コースによっては残りわずかなものもあるため、ご興味ある方は早めのチェックをおすすめしたい。

LoCoMoGo/ kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報