海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 真剣に水泳をする人に! ストロークのデータを収集・分析するデバイス「SmartPaddle」

Start Up

真剣に水泳をする人に! ストロークのデータを収集・分析するデバイス「SmartPaddle」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スイマーがフィットネストラッカーやゴーグルに付けるセンサーなどでラップタイムや距離、運動強度などを測定するのは近年珍しいものではなくなっている。

そしてこのほど登場したのは、ストローク分析専門のデバイス「SmartPaddle」。両腕の動きや強度などに関するデータを収集し、パフォーマンスの向上につなげられるというものだ。

・ストロークの曲線も把握

フィンランドテクノロジー研究所のスピンオフ企業「Trainesense」が開発したSmartPaddleは、スイマーの両手につける平たいデバイス。人差し指、中指、薬指の3本の内側を覆うように装着し、あとは普通に泳ぐだけ。

SmartPaddleが測定できるのは、ストロークの強さ、ストロークが描く曲線、手を水に入れるときの方向と力を入れるタイミングだ。

・リアルタイムにデータ送信

収集したデータはすぐさまスマホのアプリ(iOS、Android)にワイヤレスで送信される。なので、プールサイドにいるコーチの端末に送信されるようにすれば、リアルタイムにパフォーマンスをチェックできる。

データで何が分かるかというと、水を下方向にかきすぎている、抗力による速度減が生じている、といったかなり専門的ことだ。つまり、ストロークのどこを改善すべきなのか子細に分析するのに使える。

なので、スイマー全体というより、小数点のタイムを争う本格的なスイマーのためのデバイスということになる。

最近はどのスポーツ種目でもカメラやセンサーなどをフル活用したデータ分析が浸透しつつあるが、SmartPaddleはまさに水泳分野で先端をいくデバイス。すでにウェブサイトで発売されていて、価格は499ユーロ(約6万円)となっている。

Trainesense
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報