海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up アウトドアで活躍! ソーラーパネルで自己発電するモバイルバッテリー「PowerGem」

Start Up

アウトドアで活躍! ソーラーパネルで自己発電するモバイルバッテリー「PowerGem」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンセントのない環境に身を置くとき、多くの人がいかにスマホなどガジェット類の電源を確保するかに頭を悩ます。その解決策となりそうなアイテムがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

ソーラー発電機能を持つモバイルバッテリー「Ultra-Light PowerGem」。コンパスを搭載し、懐中電灯としても使え、アウトドアアクティビティ時に重宝しそうだ。

・出力ポートは2つ

PowerGemはスマートフォンを一回り大きくしたようなデザインで、ソーラーパネルを搭載している。そして容量1万6000mAhのバッテリーを内蔵し、ソーラーパネルで発電した電気を蓄えておくことができる。

なので、日中陽の当たるところに置いておいて、夜間にデバイス類の充電に使う、といったことができる。ちなみに、出力ポートは2つ用意されていてデバイス2台の同時充電が可能だ。

ソーラー発電でPowerGemをフル充電するには10時間かかるが、マイクロUSB経由でも充電可能で、外出前など急いでいるときはこちらを利用するといい。

・200ルーメンで照らす

バッテリーとしてだけでなく、PowerGemは懐中電灯としても使えるのもセールスポイント。背面にLEDライトがあり、ストロボや点滅など4つのモードを用意。明るさは最大200ルーメンだ。

そしてソーラーパネルの上部には小さなコンパスもある。馴染みのない環境でトレッキングやキャンプなどをするとき、PowerGemがあれば安心感が得られそうだ。

PowerGemは現在、Kickstarterで429香港ドル(6200約円)の出資で入手できる。すでに目標額は達成し、出資期限は4月2日。5月にも発送が始まる見込みで、この夏のアウトドアから活躍しそうだ。

Ultra-Light PowerGem/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報