海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 車専用360度スキャナー「ProovStation」は車のダメージやタイヤの摩耗を3秒で検知!

Tech

車専用360度スキャナー「ProovStation」は車のダメージやタイヤの摩耗を3秒で検知!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
車を売ったことのある人なら知っているだろうが、売却の際は車がどれくらいきれいに保たれ整備されているか、あるいはどれくらいのダメージを抱えているかチェックされる。

その検査を、ものの数秒で行う車専用スキャナー「ProovStation」が、欧州で中古車売買を行う会社に間もなく導入される。

・カメラ25台搭載

車体のわずかなへこみ、タイヤの摩耗、車体下のダメージなど、車をフルに検査するとなるとそれなりに時間を要する。それをテクノロジーの力で瞬時に終わらせられるのがProovStationだ。

フランス企業Weproovが開発したProovStationはガソリンスタンドにある洗車機のような形状をしている。搭載するカメラ25台で600枚の写真を撮り、車を360度スキャンできるのだという。

そのスキャンした情報を人工知能で精査するという仕組みで、チェックはものの3秒で終わるとのこと。

・精度は99%

ProovStationですごいのはソフトウェアだ。車のメーカーや型式を認識し、そしてわずかな傷も見逃すことなく指摘する。精度は99%という。加えて、修理するとなるとどれくらいのコストがかかるのかも表示する。車買取会社で活用すれば、そうした情報を参考にしながら価格をすぐに算出できるわけだ。

ProovStationではインスペクションにかかるコストを従来の半分に抑えられる、とWeproovはうたう。

すでにオートオークションプロバイダーのBCAグループが欧州13カ国で40台のProovStationを導入することを決めているという。

ProovStation

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報