海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech トイレの空き状況がわかる「トイソル」、ルクア大阪にて実証実験を実施

Tech

トイレの空き状況がわかる「トイソル」、ルクア大阪にて実証実験を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社MAGLABと株式会社シブタニ、ウイングアーク1st株式会社の3社は、トイレ満空IoTソリューション「トイソル」を共同開発。このたび、ファッションビル「ルクア大阪」10階のルクアダイニングにて実証実験を実施する。

異業種3社の連携

今回の実験は、トイレの利用状況を可視化するサービス「トイソル」を活用し、トイレの混雑緩和や環境改善を図るというもの。無線通信可能な施錠を開発したシブタニと、クラウドBIダッシュボードを運営するウイングアーク1st、PoC(Proof of Concept)によりAI・IoTプロジェクトの成功率を高めるMAGLABが連携し実現した。

同実験は、3ヶ所のトイレの利用状況の偏りを改善したいという「ルクア大阪」10階のルクアダイニングにて実施される。

トイレ事情が変わる!?

3社が開発した「トイソル」は、シブタニ開発の電池交換不要な自己発電トイレドアセンサー「SWITCHSTRIKE AIR」を利用したサービスだ。

「SWITCHSTRIKE AIR」は、トイレの施錠金物の受け部に無線通信デバイスを組み込んだIoTデバイスで、施錠・解錠時のラッチのスライド操作により自己発電。個室トイレの施錠・解錠情報を電池レス・配線レスで無線送信することができるのが特徴である。また、ドライバー1本で簡単に設置できる手軽さも魅力のひとつだろう。

「SWITCHSTRIKE AIR」からのトイレの利用状況を示す情報は、ウイングアーク1stのクラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」によってリアルタイムにトイレ入り口や専用アプリで表示される。これにより、トイレの混雑を緩和し、利用環境の改善を図ろうというのだ。

また、「MotionBoard Cloud」に蓄積されたデータから、利用実績を分析し、季節変動による繁忙期の把握が可能となる。これにより、警備員による見回り業務の省力化、清掃作業の効率化、安否確認や犯罪防止に貢献したいという。

なお、同実験と同等のシステムは世界遺産・元離宮二条城での運用実績があるようだ。二条城において2018年2月に実施された実証実験でも、シブタニの「SWITCHSTRIKE AIR」と、ウイングアーク1stの「MotionBoard」が活用されている。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報