海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 聴覚を持つ自動運転車が登場?!騒音認識できるプロトタイプシステムを独研究所が開発

Tech

聴覚を持つ自動運転車が登場?!騒音認識できるプロトタイプシステムを独研究所が開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
いま、自動車の高度な運転支援システムの開発が進められている。そして今回、ドイツのフラウンホーファー・デジタルメディア技術研究所 IDMT が、サイレンなどの外部騒音を認識できるプロトタイプシステムを開発した。

・音を認識するAIベースのプロトタイプ

現在開発されている自動駐車や死角監視、車線逸脱防止支援システムなどは、カメラやレーダーおよびlidar技術を使って障害物を検出することで、車両に初歩的な視覚を提供する。

しかし、聴覚にあたる外部の騒音を感知するシステムを搭載する自動運転車はまだ存在しない。そこで今回、フラウンホーファーIDMTが、音を認識するAIベースの初期プロトタイプシステムを開発した。

この音響早期警告システムを使うと、自動運転車が救急車などのサイレンをすぐに認識して高速道路の片側に移動したり、歩行者エリアの認識や車両状態の監視などもできるようになる。さらに、音声認識技術を備えた緊急電話としての使用も期待される。

・工場における品質管理などへの活用も

プロトタイプ開発にあたって、研究者らは音の特徴を認識するようにシステムをトレーニングして独自のビーム形成アルゴリズムを作り、接近する緊急車両のサイレンなどの移動音源を特定するセンサープラットフォームを作成した。この初期プロトタイプは、数年で製品レベルになるだろうと研究チームはみている。

音響センサーシステムは、マイクと制御ユニットとソフトウェアから構成される。マイクは車両の外側に取り付けられ、騒音を認識するとセンサーが音声データを制御ユニットに送信し、制御ユニットがメタデータに変換する。

研究チームは、このプロセスは改良すると自動運転車だけではなく、他の用途にも活用できると考える。音響センサーが工場や機械の特定の音を認識して、機械の不具合や工場の状態を判断することで損傷防止に貢献する可能性や、タービンなどのメンテナンスを行う技術者が手を使わずに文書作成できる自動音声認識システムへの使用も期待される。

さまざまな分野で活用できる可能性をもつ、音響早期警告システム。今後のさらなる研究開発が楽しみだ。

Fraunhofer-Gesellschaft
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報