海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 完全リニューアル! メンバーシップ作成サービス「CHIP」、待望のリリース

Start Up

完全リニューアル! メンバーシップ作成サービス「CHIP」、待望のリリース

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社RINACITAは、2018年にリリースした、アーティストやクリエイターに新たな収入源を提供するファンクラブサービス「CHIP」を、まったく新しいカタチにリニューアルし、メンバーシップ作成サービス「CHIP」として再スタートさせた。

生まれ変わった「CHIP」

2018年リリースの「CHIP」は、総ユーザー数5万人、ファンクラブ数4500を超え、数多くのアーティストやクリエイターにファンクラブという収入源を提供してきたが、2019年5月にサービスを終了。

その後、クリエイターなどからの復活を求める声を受け、このたび全く新しいサービスとして生まれ変わったメンバーシップ作成サービス「CHIP」を招待制でリリースした。

新しくなった同サービスは、ミュージシャンやYouTuberなどのエンタメ系、イラストレータや声優、コミュニティやレッスンなどのさまざまなクリエイターが「自分のやりたい活動をもっと自由に続けられる」ことを目指し、自分を応援してくれるメンバーシップを新たな収入源として提供するサービスである。

前回よりもクリエイターの意見を尊重して作られた同サービスは、たくさんの拡張機能を使った簡単なメンバーシップ作成や、応援してくれるファンとの安心できる空間作りができること、コアファンにもっと楽しんでもらう施策を実施しやすくなるというのが特徴だ。

ファンは月額無料のお試しプランや月額500円の応援プラン、月額5,000円のVIPプランを選べ、クリエイターは収益を予測できるため、活動の計画や継続が容易になるというメリットがある。また、タイムラインでメンバーに対して活動報告や告知などを行い、直接つながることができるのも魅力のひとつだ。

現在は、クリエイターの意見を充分に尊重するため、少数の特別なクリエイターのみ招待しているとのこと。今後、準備ができ次第順番に連絡していくという。クリエイターとして利用を検討している人は事前登録をして連絡を待つようだ。

反省を活かして

同社は、前回の「CHIP」のクローズに関して、ファン側の課題設定の甘さや、本来「あらゆる人が夢に向かって挑戦できる」サービスを目指していたものの、どちらかというと「(すでに)人気のあるひとが簡単に自分のコミュニティを作る」ためのサービスとなってしまったことなどを理由として発表している。

また、反省として「プロダクトの検証」ではなく「課題の検証」に時間を割く、「あったらいいもの」ではなく「なくてはならないもの」を作るということを挙げた。最終的に「なにをするかではなく、なにをしないかを決める」ということが重要だと考え、2つに絞られた選択肢「CHIPを残しつつ、別の新規事業を作る」と「CHIPはクローズし、新規事業に全リソースを使う」からクローズを選択したという。

今回の新「CHIP」リリースは、前回の反省を活かし、全く新しいカタチでクリエイターを支えていくサービスになっていると期待したい。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報