海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up USB-Cハブ的にも使えるチャージャー「Charger X」は大容量バッテリーも内蔵!

Start Up

USB-Cハブ的にも使えるチャージャー「Charger X」は大容量バッテリーも内蔵!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ノートPCやスマホなど複数デバイスを同時に充電できるチャージャーが増えてきている。今回紹介する「Charger X」も最高100W出力で、同時にデバイス3台をつなぐことができる強力なタイプ。

しかも、これだけではない。マイクロSDカード、TFカードのスロットを搭載しているのでファイルの転送ができ、大容量のバッテリーまで搭載しているスグレモノだ。

・1万mAhのバッテリー内蔵

まずチャージャーとしての機能をみると、PD給電に対応し、最大出力100WのUSB-CでラップトップPCなどを急速充電できる。もちろんタブレットやスマホにも使え、USB-Aポートは18Wと15W出力となっている。

Charger Xは搭載のプラグをコンセントにさして使うようになっているが、容量1万mAhのバッテリーを内蔵しているので、モバイルバッテリーとしてコンセントが確保できないシーンでもデバイスを充電できる。

・写真のバックアップにも

また、データ移送に対応するのもCharger Xの特徴。USB-CでCharger XとラップトップPCをつなげ、そしてCharger XのUSB-Aポートにフラッシュドライブをさしこんで中にあるデータをラップトップPCに送る、ということが可能だ。

また、Charger Xの底面にはマイクロSDカードとTFカードのスロットがあり、デジカメで撮った写真やビデオのバックアップをとるという使い方もできる。

同時に複数の機器をつなぐときに心配なのが発火の恐れやショートだが、欧州基準のCEや米国基準のFC、日本の電気用品安全法(PSEマーク)をクリアしているとのこと。

USB-Cハブ的な役割をこなし、またデバイスごとのチャージャーやケーブルなど携帯するものを減らすのに役立つCharger Xは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中。

すでに目標額は達成し、出資額は773香港ドル(約1万1000円)〜となっている。出資は3月21日まで受け付け、6月の発送を予定している。

Charger X/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報