海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 脳波コントローラーを自作できるキットが登場! 「MindAffect」のBCI開発キット

Tech

脳波コントローラーを自作できるキットが登場! 「MindAffect」のBCI開発キット

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーロン・マスクやマーク・ザッカーバーグも注力するブレイン・コンピュータ・インターフェイス(BCI)技術の開発。たしかにジェスチャーも音声による指令もなしに、思い浮かべるだけでデバイスがコントロールできるとすれば究極だ。

BCI技術に触れ、開発もできるキットに興味を持っている方も多いと思う。そんななか、AIとニューロサイエンスを駆使してBCI技術の開発を続けるMindAffectが、Kickstarterにて各コース100セット限定のBCI開発キットを提供している。

・脳波の検出は2秒以下、95%の正確さ

MindAffectは、最前線でBCI技術の普及を目指すOpenBCIのサポートも受けているようだ。支援コースには、OpenBCI製品の脳波入力ヘッドセットが含まれているものもある。

入力した脳波はMindAffectによるデコーダーで解読され、ご希望のデバイスの操作コマンドとなる。ちなみに操作したいデバイスは、パソコンでもタブレットでも、VRゴーグルでもロボットでもOKみたいだ。

MindAffectによるデコーダーは、トレーニングが簡単で、脳波の検出は2秒以下、95%の正確さをほこるとのこと。

・MindAffectコミュニティ内ではVRゲームやロボットがハック済み

操作ソフトの開発は、PythonやJAVA、SwiftやUnityで行う。MindAffectコミュニティ内では、すでにVRゲームロボットなどの操作に成功していて、ここから知見が得られるだろう。

脳波によるデバイス操作の様子は、Kickstarterキャンペーンページの動画でも観られる。

MindAffectによるBCI開発キットは、現在Kickstarterにて支援受付中。MindAffectデコーダーのみなら99ユーロ(約1万2000円)から。OpenBCIのヘッドセットなど一式も含めたコースが749ユーロ(約9万円)から。いずれも日本への送料が25ユーロ(約3000円)となっている。なお、目標支援額に到達した場合は4月発送となりそうだ。

MindAffect/ Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報