海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech RICOH THETAから新モデル!ビジネスモデルで使い勝手が向上

Tech

RICOH THETAから新モデル!ビジネスモデルで使い勝手が向上

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワンショットで360°の静止画や動画を撮影できる360°カメラ「RICOH THETA」のエントリー機種「RICOH THETA SC2」のビジネス向けモデルとして、「RICOH THETA SC2 for Business」が3月中旬に発売される。

・大人気360°カメラ

「RICOH THETA」は、2013年に登場した360°カメラ。ワンショットで360°の静止画や動画を撮影できるカメラとして発売以来根強い人気を誇っている。

水平方向や半天球だけでなく、撮影者を取り巻く空間全てをワンショットでキャプチャーできる仕様は、VR市場の急成長や360°の映像に対応したSNSの拡大、ビジネス市場における360°の映像に対するニーズの増加などに対応できるカメラとして、新しいモデルが登場するたびに関心を集めてきた。

・ビジネスモデルならではの機能

今回発表された新モデルは、ビジネスモデル限定でグレーを採用。「RICOH THETA SC2」と同様に、約1400万画素に相当する360°の全天球静止画と、4K相当、30fpsの滑らかで臨場感あふれる360°の全天球動画撮影に対応している。

室内・車内でもHDR撮影の設定で撮影ができるプリセット「Room」を搭載しており、起動すると自動で立ち上がり、明暗差の激しい室内や車内の撮影に適したHDR撮影を行うことができる。室内をや車内を撮影する頻度の高い不動産業や自動車販売業などのビジネスユースのユーザーにとっては使いやすく重宝する機能といえるのではないだろうか。

また、Bluetoothによるスマートフォンとの常時接続できるため、無線 LAN 接続で、スマートフォンでのライブビュー表示や画像転送など全ての機能を利用できる点も、ビジネスの場面では便利な機能といえるだろう。

価格は、¥39,800で、USBケーブル、専用ケースが付属している。

RICOH
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報