海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise Google Pixel 4シリーズが、ついに「Motion Sense」へ対応!

Enterprise

Google Pixel 4シリーズが、ついに「Motion Sense」へ対応!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像提供:Google

Google純正のAndroidスマートフォンとして、日本でも人気のPixelシリーズ。同シリーズにおける「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」は、昨年10月に発売された最新モデルだ。

その2機種におけるアップデートとして、「Motion Sense」と「新しいGoogleアシスタント」が利用可能になる。Google公式ブログが、2月4日に明らかにした。

近未来的なジェスチャー操作が可能な「Motion Sense」

「Motion Sense」は、スマートフォン前面に搭載されたレーダーセンサー「(ソリ)」を利用したアシスタント機能で、ハンドジェスチャーによる操作を可能にする。これにより、端末に直接触れなくとも、簡単な操作が行える。画面の前で手を振るだけでスマートフォンが応答するというような、SF映画さながらの機能だ。

この「Motion Sense」、実はPixel 4シリーズの販売前から話題を呼んでいた。ところが、レーダーによる60Hz帯の電波の使用が、日本の電波法に抵触。アメリカやカナダなどの他国ではすでに利用可能となっていたが、日本における同機能の提供は見送られる形に。

その後の法整備が進み、ここに来てようやく国内のユーザーも新機能を試せるようになった。現時点では、ジェスチャーによる音楽のスキップやアラームのストップ、着信音のミュートなどに対応。今後も、対応可能な操作は増えていく予定だという。

「新しいGoogleアシスタント」も利用可能に

もうひとつのアップデートといえる「新しいGoogleアシスタント」は、音声によるスマートフォンの操作をよりスムーズにする。パワーアップした質問処理能力を備え、さらにスピーディーな反応を実現した。

ジェスチャーによるアシスタントの「Motion Sense」とあわせて、より快適なスマートフォン操作が期待できそうだ。なお、今回の更新は順次提供予定となっており、使用環境によってはアップデートまでに時間がかかる可能性もある。

Google

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報