海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 高性能、お値打ち価格のビデオ会議用フルHDカメラ登場 持ち運び可能、スマホ接続も

Enterprise

高性能、お値打ち価格のビデオ会議用フルHDカメラ登場 持ち運び可能、スマホ接続も

グローバル化の波は、もちろんビジネスの世界にも押し寄せている。日本の各地、世界の各国の社員や取引先と、電話やメール、あるいはビデオ電話でやり取りをすることも、以前より身近になりつつある。とはいえ、ビデオ会議ツールはコスト...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
LogitechCC3000eグローバル化の波は、もちろんビジネスの世界にも押し寄せている。日本の各地、世界の各国の社員や取引先と、電話やメール、あるいはビデオ電話でやり取りをすることも、以前より身近になりつつある。とはいえ、ビデオ会議ツールはコストが高いことも多く、会社の部屋すべてにビデオ会議用の配線が整備されているとも限らない。

そんな問題を解決するのが、持ち運び可能で、どんな部屋にも導入できる、コストを抑えたビデオ会議ツール「Logitech ConferenceCam CC3000e」だ。価格は1000ドルと既存のものよりぐっと抑えられ、6~10人程度の会議をおこなうにはピッタリ。

カメラは1080p HDのフルハイビジョンカメラで、90度の視野確保、10倍ズームが可能。Carl Zeiss製のガラスレンズは、リモートコントロールで、260度のパノラマ撮影がおこなえる。クローズアップも思いのままで、ホワイトボードに記載された内容もクリアにキャッチできるという。音声機能では、ノイズ、エコーキャンセル機能を保有しているほか、全方位ステレオ音声マイク、直径約6メートルの範囲を網羅するモノ音声機能を搭載。

このカメラはUSBを使って、PC、タブレット、スマートフォンと簡単に接続することができ、BluetoothやNear Field Communication(NFC)でスマートフォンやタブレットの音声ストリーミングにつなげるようなことも可能だ。また、Skype、Microsoft Lync、Vidyoなど、さまざまなビデオ配信用プラットフォームに対応している。

空間を越え、人と人とを瞬時に結びつけるビデオ会議は、スピーディなビジネス展開の助けとなることだろう。

Logitech ConferenceCam CC3000e
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報