海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 「使いながらワイヤレス充電」ができるチャージャーとスマホケースのセットが便利そう

Mobile

「使いながらワイヤレス充電」ができるチャージャーとスマホケースのセットが便利そう

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホを充電しながらその端末で映画を観たり、運転中にスマホを充電しながらナビとして使ったりすることはよくあるだろう。その「使いながら充電」をワイヤレスで、しかもマグネットで手軽にできるようにするのが「Xvida」だ。

チャージャーとスマホケースのセットで、卓上、壁、車と3つの使用法に対応する。このほどiPhone 11向けのケースもリリースされた。

・最適位置にホールド

Xvidaは2つのパーツから構成される。まず1つは、スマホケース。このケースにはQiを採用したワイヤレス充電システムが内蔵されている。これだけであれば他メーカーが展開しているワイヤレス充電のケースと変わらないが、Xvidaの場合はマグネットも入っている。

一方でもう1つのパーツであるチャージャー側にもマグネットが内蔵されていて、これによりケースを装着したスマホをチャージャーに近づけるだけで最適な位置にぴたっとくっつけることができる。もちろんくっつけると充電が始まる。

・キッチンや洗面の壁でも使える

Xvidaはあらゆる充電シーンに対応できるよう、卓上用、壁設置用、車載用の3種のチャージャーを用意している。卓上用はいわゆるスタンドタイプで、充電しながらでもビデオチャットしたり、PC作業時のセカンドスクリーン的に使ったりすることが可能だ。

また、壁設置用のモジュールは台座(金属プレート)を壁にくっつけるとチャージャーをマグネットで着脱できるというもの。そして設置したチャージャーにXvidaのケースを装着したスマホをマグネットでくっつけて充電できる。

たとえば、キッチンの壁に台座をくっつけておけば、スマホを充電しながらレシピビデオを見つつ料理する、ということができる。車載用チャージャーも同様にマグネット&ワイヤレス充電となっている。

XvidaのケースはiPhoneとGalaxy用が展開されていて、このほどiPhone 11シリーズケースが新発売された。価格は35〜39ドル(約3800〜4300円)。そのほか卓上用チャージャーが79ドル(約8600円)、壁設置用が45ドル(約4900円)。車載用チャージャーは吸盤でつけるタイプや送風口に固定するタイプなど複数あり、価格は49〜59ドル(約5300〜6400円)となっている。

Xvida
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報