海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 名無しMars 2020ローバーに命名、ファイナリスト9案が決定! 特設サイトから投票可能に

Tech

名無しMars 2020ローバーに命名、ファイナリスト9案が決定! 特設サイトから投票可能に

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Credit: NASA/JPL-Caltech

NASAの火星探査ミッション、Mars 2020が全米を巻き込んで進行している。火星探査の主役となるローバーの命名コンテストが開催されているが、ついにファイナリスト9案が選出されたようだ。

全米の学生から寄せられた2万8000通以上のエッセイが、まず155案に絞られ、いよいよ最終選考の段階。準ファイナルの選考が4700人の宇宙の専門家/愛好家によって行われたのに対し、今回は特設サイトから誰でも投票ができて、あなたの意見も反映される。

・世界の投票数がリアルタイムで確認できる

特設サイトでは、勝ち残った9案を確認して投票できるほか、世界各国の投票数がマップで視覚化されている。投票数が多いのは断トツでアメリカ、2位はトルコで、投票数がページ更新のたびに増えていくのが楽しい。

9案を見てみると、Endurance:忍耐、Tenacity:粘り強さ、Promise:約束、Perseverance:忍耐力、Vision:ビジョン、Clarity:明晰、Ingenuity:創意工夫、Fortitude:不屈の精神、Courage:勇気、となっている。

むやみに希望を持たせるものよりも、忍耐に関連したものが多く、アメリカの学生は意外に現実的だ。

突拍子もない案も見当たらず、現在火星で活躍しているCuriosityや、前代のSpiritおよびOpportunityなんかの流れを汲んでいるのだろう。

・火星で生命の痕跡の発見に期待

今回命名されるローバーは2020年7月か8月のタイミングで打ち上げられ、2021年2月18日にCuriosityが作業している場所に近いクレーターに着陸する予定。

火星での生命の痕跡の発見や、気候/地質の調査が期待され、サンプルを地球に持ち帰ることになっている。

特設サイトからの投票はアメリカ東部標準時の1月27日午後9時(日本時間1月28日午前2時)で締め切られ、いよいよローバーに名前がつくことになりそうだ。

参照元:Nine Finalists Chosen in NASA's Mars 2020 Rover Naming Contest/ JPL
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報