海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise クリーンにネット商品配達! Amazonが2025年までにインドで電動人力車1万台を導入

Enterprise

クリーンにネット商品配達! Amazonが2025年までにインドで電動人力車1万台を導入

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯止めのかからない地球温暖化を前に、世界の企業が二酸化炭素排出を抑制する取り組みを始めている。そうした活動をリードする役割が大手企業には求められるが、オンライン小売最大手の米Amazonはこのほどインドでの配達に電動人力車を導入すると発表した。

2025年までに1万台を配備する計画。差しあたっては今年末までにインド国内20都市で電動人力車を導入する。

・100%電気で走行

電動人力車は三輪タイプと四輪タイプの2種で、インド国内でデザイン・製造される。すでに地元企業数社に製造を委託しているという。

公開された映像をみると、「人力車」としながらも実際は人力ではなく100%電気で走行し、車と同じくドライバーはシートベルトを着用している。ただ、通常の配達トラックなどよりもスリムな分、小回りがきくというメリットもあるようだ。

・環境負荷ゼロへ

オンライン小売最大手という不動の地位を築いているAmazonは、このところ成長著しいインドにかなり投資している。今回の人力車配備もその一環であると同時に、同社が追求している環境負荷ゼロという目的も持たせている。

Amazonは昨年、米国の電気自動車メーカーに専用の配達トラックを発注していて、2022年までにEV1万台を、2030年までに10万台を投入する計画を発表した。こうした取り組みにより2030年までに二酸化炭素400万トンの排出を抑制できる見込みという。

Amazon Indiaでは電動人力車の他に、仕分けセンターでのプラスティック使い捨てをなくす計画もある。

Amazon

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報