海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

‎Notification Lenovoを凌ぐ大画面の折りたたみ式オールスクリーンラップトップ、Intelが発表

‎Notification

Lenovoを凌ぐ大画面の折りたたみ式オールスクリーンラップトップ、Intelが発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
折りたたみスマートフォンが続々登場しているが、2020年はさらに進んで折りたたみラップトップの年になりそうだ。

今月、米国で開催されたCES 2020で、Lenovoが折りたたみ式スクリーンのラップトップPC「ThinkPad X1 Fold」を発表したが、それに続いてIntelも、Lenovoより大画面の折りたたみ式ラップトップ「Horseshoe Bend」を発表した。

・広げると17.3インチの大型タブレットに

このHorseshoe Bendは、折り曲げた状態で12インチOLEDディスプレイのノートパソコンのように使える。広げると17.3インチの特大タブレットPCになる。

Lenovo「ThinkPad X1 Fold」と比べてベゼル(枠)幅が圧倒的に狭いので、デザイン的に洗練されている感じがある。

PCとしてのスペックは特に発表されておらず、今のところわかっているのは新開発のモバイルプロセッサ「Tiger Lake」が搭載されるということだけ。Tiger Lakeプロセッサは、今年中に生産が開始されることになっている。

・ワイヤレスキーボードと組み合わせ

Horseshoe Bendは、ワイヤレスキーボードと組み合わせて使うことが想定されている。本体(ディスプレイ)をフルに広げた状態でラックに立てかけ、その前にキーボードを置いてタイピングする。

折りたたんだ状態ではキーボードとうまく一体化し、まとめて持ち運べるようになっているらしい。こういった工夫は、キーボードに慣れたユーザーに嬉しいのではないだろうか。

Intel自体がこのHorseshoe Bendを生産するのか、あるいはPCメーカーに技術を提供するだけなのかは分かっていない。だが、どちらにせよ、発売は今年中と噂されている。

Intel News Room
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報