海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech Autel Roboticsの最新ドローンは驚異の6K ・8K撮影!

Tech

Autel Roboticsの最新ドローンは驚異の6K ・8K撮影!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米Autel Roboticsのドローンがさらに進化した。同社は最新機種となる「Evo Ⅱ」を米国で開催中の家電見本市CESで発表。折りたたみ式で、6Kまたは8Kで撮影でき、最高速度は時速72.4キロと強力なスペックとなっている。

・3モデルを用意

空撮のためにドローンを所有しているという人は多いだろう。最近のドローンにはカメラがほぼ標準装備されているが、ハイエンドなものでもせいぜい4Kカメラだ。

しかし、3モデルが用意されたEvo Ⅱはその上をいく。標準モデルでは8Kカメラと0.5インチCMOSセンサーを搭載し、4800万画素の静止画が撮れる。

プロモデルのカメラは6K、デュアルモデルには8Kカメラと赤外線カメラが搭載されている。

・ホバリング35分

もちろん魅力はカメラだけではない。バッテリーの容量は7100mAhあり、前進だけなら最大40分、ホバリングなら35分の飛行が可能だ。

また、12のコンピュータービジョンセンサーを活用して30メートル先の障害物を認識できるのに加えて、人や車両、動物など同時に64の物体を認識するという。

30分超も飛行できるとなればかなりの撮影が楽しめるが、Evo Ⅱは8GBのストレージを内蔵。加えて、最大256 GBのSDカードに対応する。

Evo Ⅱは現在製造過程にあり、注文はまだ受け付けていない。気になるという人はこちらから商品紹介ビデオが閲覧できる。

Autel Robotics

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報