海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech クラウドネイティブiPaaSのAnyflow、約2.2億円の資金調達を実施

Tech

クラウドネイティブiPaaSのAnyflow、約2.2億円の資金調達を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
複数のSaaSを簡単に繋げる国産初のクラウドネイティブiPaaS「Anyflow」を提供するAnyflow株式会社は、プレシリーズAラウンドにて、約2.2億円の資金調達を実施。累計調達額は約2.6億円となった。

国産初のiPaaS

同サービスは、SaaS同士をAPI接続するため、プログラミング不要で複数のSaaS繋ぎ合せ、業務の最適化・自動化を実現するものである。2019年10月にβ版をリリースして以来、多くの反響があったようだ。また、Incubate Camp 12th の総合優勝、B Dash Camp 2019 Fallの優勝などさまざまな大会で実績を残している。

このたび、プレシリーズAラウンドにて、グローバル・ブレイン株式会社、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ、Coral Capitalより約2.2億円の資金調達を実施。累計調達額は約2.6億円となった。

今回の資金は、プロダクトの開発強化とスピードアップに投資する予定であり、将来的には国内外のSaaSを統合・管理するプラットフォームの役割を担っていく計画だという。

労働生産性向上

グローバル市場で飛躍的に成長しているiPaaSは、国内市場においても今後ますます注目が集まる領域だといえる。国産初のiPaaSである同サービスは、日本語UI、日本語サポート対応で、「海外のサービスを使ってみたけど英語UIでサポートもない」という企業から好評なようだ。

また、これまでエンジニアを対象ユーザーとしたiPaaSサービスが多かったが、同サービスはビジネス部門主導で、業務を効率化・自動化できるように作られたのも特徴だ。そのため、「Slack」や「Googleスプレッドシート」、「Salesforce」や「WordPress」など幅広い業務アプリケーションに対応している。

同社代表取締役CEOの坂本蓮氏は、「Anyflowは今まで時間がかかっていたこと、エンジニアがいないとできなかったことを民主化し、労働生産性貢献に寄与できると確信を持っています」とコメントした。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報